このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 国際課 > access・1505_yamaguchi

平成27年 (2015年) 6月 18日

国際課

ACCESS  April - May 2015

A Bimonthly Newsletter for International Residents of Yamaguchi Prefecture


top / Yamaguchi / Q&A / a taste of Yamaguchi

Yamaguchi


Yamaguchi’s Local Beef ~ A Natural Treasure


見島

About 45km off the coast of Hagi lies a small island called Mishima. Mishima is home to Mishima Cattle, considered a natural treasure of Japan.

Ever since Western influence grew in Japan in the Meiji Period, cattle in Japan have been bred with western cattle to make larger herds. Now, Mishima cattle are one of only two breeds that have been carefully preserved as a pure bred line of Japanese cattle. Mishima Cattle are a docile, black-haired breed about 10 cm shorter than the Japanese Black. There are currently about 80 heads of cattle registered by the Mishima Cattle Preservation Society. Because of these low numbers, only 12-13 are shipped out to meat markets each year. Despite the scarcity, the beautifully marbled meat makes Mishima beef a delicacy worth tasting.

You can also enjoy Kenrangyu, a mix bred from a Mishima bull and a Holstein cow.




山口の天然記念物 ~ 見島牛


萩から約45キロ離れたところに、見島という小さな島があります。そこに天然記念物に指定されている、見島牛が飼育されています。明治時代に西洋の食肉文化の影響を受け、日本の牛を大きくするために和牛の品種は西洋の品種と交配されました。現在、純粋和牛として保存されている牛は2品種しか残っておらず、見島牛はその一つです。見島牛は温順で、無角和牛より約10センチ背が低い黒毛の品種です。現在約80頭が見島牛保存会に登録されています。頭数が少ないため、一年に12~13頭ぐらいしか食用として出回りません。少ないですが、霜降りのいい、食すべき価値がある肉です。見蘭牛という見島牛の牡牛とホルスタイン種の牝牛の交配品種も味わうことができます。




======================================


International Div.

Yamaguchi Pref. Government, Japan

TEL:083-933-2340

FAX:083-933-2358

E-mail:a12900@pref.yamaguchi.lg.jp


お問い合わせ先

国際課



お問い合わせ先

国際課

閉じる