このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > くらし・環境 > パスポート > パスポート・申請する時・受け取る時の注意

平成29年 (2017年) 4月 1日

国際課

 申請する時の注意

有効期間内に申請ができる場合

・次の方は、有効旅券を返納して切替申請ができます。

残存有効期間が1年未満の場合

査証欄に余白がなくなった場合(1回に限り増補も可能)

旅券面の記載事項(氏名・本籍等)に変更があった場合

在外領事館が発行した旅券面写真がシール貼り加工の旅券


代理人が申請する場合

○申請書

申請書裏面「申請書類等提出委任申出書」(いわゆる委任状)欄への申請者並びに代理人の署名等が必要です。事前に申請書を取り寄せてください。

申請書は県庁旅券センター、県総合庁舎、市役所・町役場にあります。

○必要な書類

申請者本人に関して必要な書類(原本)全て

委任された代理人本人であることが確認できる書類

○申請受付をお断りする場合

申請者本人に関する質問等について、適正な回答ができない場合

申請者本人が記入された内容と確認書類等が異なる場合

不審な行動等が認められた場合

○代理人が申請できない場合(※直接各窓口へ申請者ご本人がお問い合わせください。)

有効旅券を損傷及び紛(焼)失した場合

申請書刑罰欄に該当がある場合

一時帰国等県内に住民票がない場合

非ヘボン式表記、長音表記、別名併記を希望する場合

○団体申請(複数の申請者の代理・旅行業者)

取り扱いについては、各市町にお問い合わせください。


◆申請者が未成年及び成年被後見人の場合

申請書裏面の「法定代理人署名」欄は、未成年者の場合は父母等の親権者、成年被後見人の場合は選任された後見人が署名してください。

 受け取る時の注意

◆申請者本人が必ず受取りに来てください。

◆申請時に手渡した受領証を持参してください。

◆受領証の旅券受領者署名は、受取窓口の担当の面前で署名していただきます。

◆申請時に誓約した手続き補正書類(該当者のみ)の提出(提示)がない場合、旅券の受取りはできません。

◆申請日から6か月以内に受取りがない場合、その旅券は失効します。

◆申請から受取までの日数(※土日・祝日・年末年始の12月29日~1月3日は日数に含まれません。)

 ○新規発給(10年、5年)、切替発給、損傷、訂正新規、記載事項変更、査証欄増補

申請の日から7日目(市の支所申請は8日目)


 ○紛失

申請の日から8日目(市の支所申請は9日目)


 ※その他の申請については、県庁旅券センターで確認してください。


◆手数料

現金に代えて、収入印紙と山口県収入証紙で納めていただきます。

収入印紙は郵便局、県証紙は県税事務所、市役所、町役場等で販売しています。

手数料

一般旅券

手数料

手数料の内訳

10年

16,000円

収入印紙

14,000円

山口県

収入証紙

2,000円

5年

11,000円

9,000

12歳未満

※1

6,000

4,000

記載事項変更

6,000

4,000

増  補

2,500

2,000

500円

※1 年齢は「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。この法律によれば、年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため、手数料の減額措置は、12回目の誕生日の前々日までに申請された方に対し適用されます。



お問い合わせ先

総合企画部国際課

閉じる