このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 厚政課 > 介護人材・介護職員合同入職式

平成30年 (2018年) 6月 18日

厚政課

山口県介護職員合同入職式を開催しました!



新たに高齢者介護や障害者支援に携わることとなった介護施設等の職員を激励するとともに、職場を越えた仲間との絆を深め、仕事に向かう意欲を高めてもらうことにより、定着促進や離職防止を図るために開催しました。

平成27年度から始めて今年で4回目の開催です。


介護職員合同入職式


(1)開催日

平成30年6月18日(月曜日)10:00~15:00

(2)場所

ホテルかめ福 ロイヤルホール(2階)

(3)参加者

62名(新人職員55名、先輩職員7名)

(4)共催

社会福祉法人山口県社会福祉協議会、山口県老人福祉施設協議会、山口県老人保健施設協議会

山口県訪問介護事業所連絡協議会、山口県デイサービスセンター協議会

一般社団法人山口県宅老所・グループホーム協会、山口県障害福祉サービス協議会

一般財団法人山口県知的障害者福祉協会、山口県身体障害者施設協議会




1 記念講演・交流会

(1)講演者

株式会社Join for Kaigo 代表取締役 秋本可愛(あきもと かあい)さん

(2)演題

「若者が面白くする介護の未来」~これから介護職として活躍するための7つの条件~

(3)内容

秋本さんのこれまでの体験や現在の活動などから、介護に携わる若い人たちへの想いや介護職の魅力について、お話をされました。交流会では、なぜ介護職に就いたのか、これからの介護職として活躍するため何が必要か、など自分の想いを書いたオリジナル名刺を作成・交換し、交流を深めました。


記念講演 記念講演



交流会 交流会



2 知事激励のことば

山口県知事 村岡嗣政(むらおか つぐまさ)

知事から新人職員に向けて、「今日のこの機会に、生涯を通じて励まし合い、切磋琢磨しあえる仲間をぜひ作ってください。皆さんの若い力で、これからの山口県を盛り上げていって欲しいと思います。」と激励の言葉が送られました。

知事激励のことば



3 新人職員代表決意表明

障害者支援施設セルプ南風 上口 大晶(うえぐち ひろあき)さん

新人職員を代表して「福祉の重要性が高まっている中、介護職員として社会人になれたことを誇りに思う。私たちが、山口県の福祉の将来を担っているという強い意識をもって、日々勤務に励んでいきたい。」と、決意表明をしました。

新人職員誓いの言葉



4 「いきいき介護実践賞」表彰

今年度の受賞者である若手職員7名を表彰しました。

いきいき介護実践賞 いきいき介護実践賞



5 先輩職員からの応援メッセージ

特別養護老人ホーム松寿苑 福元そのみ(ふくもと そのみ)さん

受賞した先輩職員を代表して、「挨拶はコミュニケーションの第一歩。自分から気持ちの良い挨拶を心がけ、みんなとより良いコミュニケーションを築き、働きやすい職場を作っていきましょう。」と、新人職員に向けて応援メッセージをいただきました。

応援メッセージ 応援メッセージ



6 元気創出!どこでもトークin合同入職式

村岡知事を進行役に、新人職員4名や先輩職員7名、会場も含めて、記念講演者の秋本さんとともに介護の魅力ややりがい等について語らう場となりました。

新人職員代表:國廣一成さん(グループホームあかつき防府)、佐伯康太さん(障害者支援施設柳井ひまわり園)、前田 響さん(すさ苑デイサービスセンター)、梅地美奈さん(特別養護老人ホームサンライフ山陽)


どこでもトーク どこでもトーク





集合写真

山口県の介護の未来はみなさんの肩に掛かっています。介護職員としてこれからもがんばってください。



「握手」 握手




参加者の声

○他の施設の方とも交流でき、知り合いができて良かった。

○有意義な式で今後の経験に活かしたい。

○秋本さんの講演を聞いて、考えたこともないことを考える機会になって、とても勉強になった。

○知事との意見交換が楽しく良かった。


お問い合わせ先

厚政課



お問い合わせ先

厚政課

閉じる