このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 厚政課 > 生活保護・トップ

平成26年 (2014年) 9月 1日

厚政課

生活保護制度について

生活保護制度とは?

 私たちは、生活していく中で、病気やケガで働けなくなったり、年金などの収入がある人が死亡したり、様々な事情で生活に困ることがあります。

 生活保護制度とは、国の定める基準に従って私たちが最低限度の生活ができるように保障するとともに、自立した生活を送ることができるように支援する制度です。


保護のしくみ

 生活保護は、原則として世帯を単位として行われ、その世帯が生活していくために最低限必要な費用(最低生活費といいます)と給料、年金など世帯の収入とを比べて、その不足する部分について金銭・サービスを支給します。


保護の種類

 生活保護による給付は、生活で必要な金銭・サービスについて、次の8つの種類で行われます。


生活扶助

毎日の生活に必要な食費や光熱水費、被服費などです

教育扶助

義務教育(小学校・中学校)を受けるために必要な費用です

住宅扶助

家賃や地代、住居を補修するために必要な費用です

医療扶助

病気やケガをした場合に、病院を受診するためなどに必要な費用です

介護扶助

介護保険法にいう要介護者・要支援者が介護サービスを利用するために必要な費用です

出産扶助

出産を行うために必要な費用です

生業扶助

高等学校への就学費用、就職に必要な技術・資格を修得するために必要な費用です

葬祭扶助

葬儀を行うために必要な費用です


相談窓口

 各市及び周防大島町にお住まいの方は、各市・町の福祉事務所へご相談ください。

 町(周防大島町以外)にお住まいの方は、お住まいの町を担当する福祉事務所または町役場へご相談ください。


→ 山口県内の福祉事務所一覧



お問い合わせ先

健康福祉部

閉じる