このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > こども政策課 > お知らせ > 乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間・乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間

平成29年 (2017年) 10月 31日

こども政策課

乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間

1 趣旨

乳幼児突然死症候群は、何の予兆や既往歴もないまま乳幼児に突然の死をもたらす疾患であり、乳児の死亡原因の上位を占めていることから、その発症の低減を図るための対応が強く求められています。


2 期間

11月1日から11月30日の1か月間

※11月を対策強化月間と定める理由は、12月以降の冬期にSIDSが発生する傾向が高いことから、発症の予防に対する普及啓発を重点的に行う必要があるため。


3 普及啓発内容

下記のSIDS予防のポイントを広報掲載、妊産婦・乳幼児健康診査等の機会にPRし子育て中の家庭への呼びかけ等、幅広く普及啓発します。


≪SIDSの発症率を低くする3つのポイント≫

●1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせましょう

●できるだけ母乳で育てましょう

●たばこをやめましょう



◎普及啓発用リーフレットは、こちら→H29 SIDSリーフレット (PDF : 830KB)

お問い合わせ先

こども政策課 保育・母子保健班



お問い合わせ先

こども政策課 保育・母子保健班

閉じる