このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 障害者支援課 > 障害福祉やまぐち > 強度行動障害・支援者養成研修について

平成29年 (2017年) 7月 4日

障害者支援課

平成29年度山口県強度行動障害支援者養成研修について

山口県強度行動障害支援者養成研修事業者の指定について


山口県では、平成28年度から研修事業者を指定し、強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)を実施することとし、現在、次の3事業者を指定しております。


山口県知事指定 強度行動障害支援者養成研修事業者(平成28年7月1日指定)

 

事業者名

所在地

問合せ先

社会福祉法人ひかり苑

光市岩狩3丁目1-2

0833-77-2000

大濱・久保

社会福祉法人ひらきの里

山口市仁保中郷43番地

083-929-0312

松本・岩崎

社会福祉法人下関市社会福祉協議会

下関市貴船町3丁目4-1

(下関市社会福祉センター内)

083-232-2035

伊藤・山本


<指定の根拠>

強度行動障害支援者養成研修事業の実施について(運営要領) (PDF : 245KB)

強度行動障害支援者養成研修事業者の指定に関する事務取扱要綱 (PDF : 220KB)

平成29年度山口県強度行動障害支援者養成研修の実施について


今年度の募集は終了しました


平成29年度の強度行動障害支援者養成研修は、下表の日程で開催します。



<基礎研修(2日間)>


募集は終了しました

募集期間:6月1日(木曜日)~7月3日(月曜日)必着


 

社会福祉法人ひかり苑

社会福祉法人ひらきの里

社会福祉法人

下関市社会福祉協議会

会場

光市総合福祉センター

あいぱーく光

(光市光井2丁目2-1)

山口県社会福祉会館

(山口市大手町9-6)

下関市社会福祉センター

(下関市貴船町3丁目4-1)

研修日

10月3日(火曜日)

10月4日(水曜日)

8月23日(水曜日)

8月24日(木曜日)

9月7日(木曜日)

9月8日(金曜日)

申込期限

7月3日(月曜日)必着

定員

50名

50名

50名

受講料

15,000円

15,000円

15,000円

募集要項等

開催要領(基礎)光 (PDF : 220KB)

申込書(基礎)光 (Word : 43KB)

開催要項(山口)基礎 (PDF : 218KB)

申込書(山口)基礎 (Word : 43KB)

開催要項(下関)基礎 (PDF : 218KB)

申込書(下関)基礎 (Word : 43KB)



<実践研修(2日間)>


募集は終了しました

募集期間:6月1日(木曜日)~7月3日(月曜日)必着


 

社会福祉法人ひかり苑

社会福祉法人ひらきの里

社会福祉法人

下関市社会福祉協議会

会場

光市総合福祉センター

あいぱーく光

(光市光井2丁目2-1)

山口県社会福祉会館

(山口市大手町9-6)

下関市社会福祉センター

(下関市貴船町3丁目4-1)

研修日

12月18日(月曜日)

12月19日(火曜日)

10月24日(火曜日)

10月25日(水曜日)

11月13日(月曜日)

11月14日(火曜日)

申込期限

7月3日(月曜日)必着

定員

20名

20名

20名

受講料

15,000円

15,000円

15,000円

募集要項等

開催要領(実践)光 (PDF : 215KB)

申込書(実践)光 (Word : 43KB)

開催要領(山口)実践 (PDF : 214KB)

申込書(山口)実践 (Word : 43KB)

開催要項(下関)実践 (PDF : 215KB)

申込書(下関)実践 (Word : 43KB)


<ご注意ください>


〇受講申込の期限

3会場とも(基礎研修・実践研修とも)平成29年7月3日(月曜日)必着

〇開催要領を確認の上、受講申込書に必要事項を記入し、法人ごとにとりまとめて各研修事業者に郵送で申し込んでください。(期限後に提出されたものは受付できません)

〇研修内容は、国の定める研修カリキュラムに基づき3会場共通となります。

〇最寄りの会場での受講をお薦めしますが、日程が合わない等の事情がある場合は、他の会場への受講申込や、基礎研修と実践研修で異なる会場への受講申込が可能です。

〇定員を超える申込があった場合、県と研修事業者で協議の上、法人からの優先順位等を考慮して受講者を決定しますので、あらかじめご了承ください。

〇山口県内に施設や事業所のない法人から申込を行っていただくことは可能ですが、定員を超える申込があった場合には山口県内に施設や事業所のある法人を優先して受講決定させていただきます。

〇行動援護サービスを提供する事業者については、強度行動障害支援者養成研修(基礎研修及び実践研修)を修了した者を、行動援護従事者養成研修修了者とみなす取り扱いとなります。




強度行動障害支援者養成研修について


1 強度行動障害とは

自傷・他害行為など本人の健康を損ねる行動や周囲に影響を及ぼす行動が著しく高い頻度で起こるため、特別に配慮された支援が必要な状態のこと。


2 研修の目的

強度行動障害を有する者は、危険を伴う行動を頻繁に示すため、受入施設ではその障害特性の理解に基づく適切な支援が必要です。本研修では、厚生労働省が定める研修プログラムに基づき、必要な専門的知識と技術を体系的に学び、適切かつ有効な支援が行える職員を養成します。


※過去に受講した研修の修了証書再交付手続

強度行動障害支援者養成研修に係る修了証再交付について (Word : 35KB)

お問い合わせ先

障害者支援課



お問い合わせ先

障害者支援課

閉じる