このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 医務保険課 > 国民健康保険・交通事故と国民健康保険

平成26年 (2014年) 8月 5日

医務保険課

交通事故と国民健康保険

交通事故など第三者の行為によって受けたケガの医療費は、原則として加害者が全額負担すべきものです。しかし、その賠償が遅れるときなどは、一時的に国民健康保険で治療を受けることができます。このとき国民健康保険で負担した費用は、国民健康保険があとから加害者に請求しますので、必ず市町役場の担当窓口に届け出てください。

市町役場の担当窓口一覧のページへ


[届け出に必要なもの] 交通事故証明書(後日でも可)・保険証・印鑑


示談は慎重に

国民健康保険へ届け出る前に示談をすると、そのとり決めが優先して国民健康保険から加害者に医療費を請求できない場合があります。必ず示談の前に届け出をしてください。


制度トップ 加入する方 届け出が必要なとき 保険証 国民健康保険の給付 保険証が使えないとき 交通事故 市町窓口 注釈


<お問い合わせ先>

山口県健康福祉部医務保険課保険指導班

〒753-8501

山口市滝町1番1号(県庁6階)

電話 083-933-2825

FAX  083-933-2939

E-Mail a15100@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

健康福祉部

閉じる