このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 健康増進課 > 感染症対策等・中国における鳥インフルエンザ情報

平成26年 (2014年) 8月 20日

健康増進課

中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の発生について

 現在、中国において、鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生が報告されています。

 現時点で、ヒトからヒトへの持続的な感染は確認されておりませんが、今後の情報にご注意ください。


1 発生地域への渡航時には

・ 不用意に動物に近寄らないでください。

・ 積極的に手洗いを行ってください。

・ 発熱や咳などインフルエンザ様の症状が見られた時は、マスクを着用し、現地の医療機関を受診してください。


2 帰国時には

 発熱や咳などインフルエンザ様の症状が見られる場合は、検疫所へご相談ください。


3 帰国後10日以内に

 あなたご自身や身近な方に発熱や咳などインフルエンザ様の症状が出た場合、最寄りの保健所に「中国に滞在していた」ことを電話で伝え、受診する医療機関や今後の注意事項などについて相談してください。


4 相談先


相談窓口

電話番号

岩国健康福祉センター(岩国環境保健所)

0827-29-1521

柳井健康福祉センター(柳井環境保健所)

0820-22-3631

周南健康福祉センター(周南環境保健所)

0834-33-6423

山口健康福祉センター(山口環境保健所)

083-934-2533

山口健康福祉センター(防府支所)

0835-22-3740

宇部健康福祉センター(宇部環境保健所)

0836-31-3200

長門健康福祉センター(長門環境保健所)

0837-22-2811

萩健康福祉センター(萩環境保健所)

0838-25-2667

下関市立下関保健所

083-231-1530

山口県健康福祉部健康増進課

083-933-2956


5 新型インフルエンザの発生に備えて

新型インフルエンザは、もともと鳥などの動物に感染するインフルエンザウイルスが、ヒトにも感染するようになり、さらにヒトからヒトへも感染しやすく変化したものです。現在、ヒトからヒトへの感染は確認されていませんが、このハンドブックを読んで「新型インフルエンザ」に対して正しい知識を持ち、パンデミック(世界的大流行)に備えて家庭や個人でできる準備をしましょう。


新型インフルエンザ対応ハンドブック (PDF : 789KB)


6 関連リンク


内閣官房新型インフルエンザ等対策室ホームページ

厚生労働省ホームページ

国立感染症研究所ホームページ

外務省 海外安全ホームページ

在上海日本国総領事館



お問い合わせ先

健康増進課

閉じる