このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 健康増進課 > 感染症対策等・新型インフルエンザ等対策

平成30年 (2018年) 8月 21日

健康増進課

新型インフルエンザ等対策について


<新型インフルエンザ等とは>

新型インフルエンザは、毎年流行を繰り返してきたインフルエンザウイルスとウイルスの抗原性が大きく異なる新型のウイルスが出現することにより、およそ10年から40年の周期で発生しています。ほとんどの人が新型のウイルスに対する免疫を獲得していないため、世界的な大流行(パンデミック)となり、大きな健康被害とこれに伴う社会的影響をもたらすことが懸念されています。


また、未知の感染症である新感染症の中でその感染力の強さから新型インフルエンザと同様に社会的影響が大きいものが発生する可能性があります。これらが発生した場合には、国家の危機管理として対応する必要があります。


新型インフルエンザ等対策においては、国、県、市町村における対策はもちろんですが、県民一人一人が正しい知識を持ち、必要な準備を進め、実際に新型インフルエンザ等が発生した際に、適切に対応することが大切です。


<関連サイト・資料>

○ 内閣官房新型インフルエンザ等対策ホームページ(新型インフルエンザ等対策) (別ウィンドウ)

○ 厚生労働省ホームページ(インフルエンザ総合ページ) (別ウィンドウ)


○ パンフレット「新型インフルエンザ等対策について」 (別ウィンドウ)


<参考>

新型インフルエンザ等対策の一般的経過


山口県の取組


○ 山口県新型インフルエンザ等対策本部条例 (PDF : 73KB)


○ 01.山口県新型インフルエンザ等対策行動計画(平成25年11月) (PDF : 1MB)


○ 指定地方公共機関の指定 (別ウィンドウ)

お問い合わせ先

健康増進課



お問い合わせ先

健康増進課

閉じる