このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 健康増進課 > 結核について・結核の基礎知識

平成29年 (2017年) 4月 6日

健康増進課

結核について

結核は誰もが感染して発病する可能性があります。また、結核は早期に発見して治療を受ければ治る病気です。


結核は、毎年、国内ではおよそ2万3千人、山口県内では、260人前後の方が結核を発病しています。

最近では、結核に感染していない若い人たちの間で集団感染が起きたり、不規則な治療により薬が効かない菌が出現するなど、油断のできない状況です。


結核とは

結核とは、結核菌によって主に肺に炎症を起こす感染症です。結核は、通常の日常会話で感染することはありませんが、痰の中に「結核菌」が出ている患者が咳やくしゃみをした時に、飛び散るしぶきの中の結核菌が空中でふわふわ浮いているものを吸い込むことによって感染します。もし、結核菌が体内に入っても体の外に運び出されたり、免疫システムの活動により感染することはごくわずかです。結核菌を吸いこんで感染しても、すぐに発病するのは感染した人のうち10人に1人程度です。


結核菌の特徴

・人間の体に入るまで増殖できない⇒食器や衣類から感染することはありません。

・紫外線に弱い⇒日光にあてると殺菌できます。

・分裂が遅い(10~15時間に1回分裂)⇒感染してもすぐに発病するわけではありません。


結核の症状

初期症状は、風邪に似ています。特に、咳が2週間以上続く場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

◆結核の初期症状

2週間以上続く咳・痰、微熱、だるさ、体重減少、寝汗、息苦しさ、血痰・喀血


結核を予防するためには

結核菌を含めたさまざまな感染症に対する抵抗力をつけるためには、バランスのとれた食生活、十分な睡眠休養、適度な運動、ストレスをためないことが大切です。


県民の皆様へ

結核について正しい知識をもって、次の点に気をつけるなど健康管理を行ってください。

①結核の初期症状は、かぜとよく似ています。2週間以上、咳や痰が続く、微熱が続くなどの場合は、早めにお近くの医療機関を受診してください。

②定期的(年に1回)に胸部レントゲン検査を受けてください。

市町で行っている住民健診や職場等の健康診断をすすんで受けていただき早期発見に努めてください。

③小さいお子さんがいらっしゃるときは必ず生後1歳までにBCG接種を受けてください。

お子さんが結核に感染したときには重症化を防ぐことができます。

感染症(結核)様式集

◆患者または保護者◆

感染症(結核)患者医療費公費負担申請書

H28.1からの公費負担申請書 (Word : 31KB)H28.1からの公費負担申請書添付書類 (Excel : 102KB)

H28.1からの公費負担申請書 (PDF : 118KB)H28.1からの公費負担申請書添付書類 (PDF : 186KB)

◆学校・病院・診療所・社会福祉施設等◆

結核の定期健康診断実施報告書結核の定期健康診断実施報告書 (PDF : 138KB)

結核にかかる定期の健康診断対象者について定期健康診断対象者 (PDF : 79KB)

◆医療機関◆

結核発生届結核届出様式 (PDF : 199KB)記入例発生届記入例 (PDF : 160KB)

感染症(結核)患者入・退院届感染症感染症(結核)患者入・退院届 (PDF : 73KB)感染症(結核)患者入・退院届 (Excel : 64KB)

結核指定医療機関指定関連様式

結核指定医療機関指定申請書結核指定医療機関指定申請書 (PDF : 60KB)

結核指定医療機関一部変更届結核指定医療機関一部変更届 (PDF : 42KB)

結核指定医療機関辞退届結核指定医療機関辞退届 (PDF : 48KB)

お問い合わせ先

健康増進課



お問い合わせ先

健康増進課

閉じる