このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 健康増進課 > センタートップページ > 精神保健福祉センター・A.依存症・アディクション

平成26年 (2014年) 4月 16日

健康増進課

A.依存症・アディクション


◆この分野の解説

アディクションと依存症

 なかなかコントロールの効かない癖や習慣のことをアディクション(嗜癖)と言いますが、どうしようもなくなると「○○依存症」という病名が付くことになります。薬物・アルコール依存が典型ですが、最近ではギャンブル依存も増えています。摂食障害もアディクションと言えます。他にも、買い物、仕事、インターネットへののめり込み、共依存、異性関係、暴力などがあります。


◆当センターでご利用可能なメニュー

アルコール・薬物・ギャンブル依存症の相談

 相談(初期)を行っておりますので、まずは電話相談をご利用ください。治療は行えませんので、ご相談の上、専門医療機関を紹介いたします。

 パンフレットはこちら→アルコール 薬物 ギャンブル


薬物家族教室

 家族教室を月1回開催しています(要予約)。詳しくはこちらをご覧ください。個別相談の場ではありません。


薬物ミーティング

 薬物ミーティングが月1回開かれています。詳しくはこちらをご覧ください。こちらはミーティングのみで、相談の場ではありません。


◆当センターの活動紹介

依存症を考える集い(普及啓発)

 平成8年(1996年2月)に、アディクション公開講座としてスタートし、現在に至っています。アルコール問題のみならず、ギャンブル、暴力・虐待、共依存など、依存症やアディクションを切り口に、ひとりひとりの生き方を考えてもらおうというものです。特に最近は、親世代の生きにくさが子どもの世代へと引き継がれてしまう「世代間連鎖」の問題を扱っています。自分の親との関係や、親の生き方が、現在の自分にどう影響しているか。特に、夫婦関係や子どもとの関係に表れてしまうので、それを見直す機会になればと考えています。


薬物家族教室(集団プログラム)

 16年度から家族教室を始めています。


セルフヘルプ支援

 依存症からの真の回復は自助グループ(セルフヘルプグループ)なしには難しいのが現実です。県内にも依存症の自助グループがいくつかあります。アルコール(断酒会、AA、アラノン)、薬物(NA、ナラノン)、摂食障害(やどかり)、ギャンブル(GA)などです。


このページの先頭へ




お問い合わせ先

健康福祉部

閉じる