このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 健康増進課 > 難病対策・自立支援医療(育成医療)

平成28年 (2016年) 7月 5日

健康増進課

自立支援医療(育成医療)について

≪重要なお知らせ≫

平成25年4月1日から自立支援医療(育成医療)の窓口が県健康福祉センターから市町(下関市は既に実施)に変わりました。


詳しくはお住まいの市町担当窓口にお問い合わせください。

各市町窓口一覧 (PDF : 106KB)


自立支援医療(育成医療)とは?


障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づき、18歳未満の身体に障害のある児童又は医療を行わないと将来障害を残すと認められる児童で、確実な治療の効果が期待できる方が、指定医療機関において医療を受ける場合に、給付が受けられる制度です。


※世帯の所得によって対象外となることがあります。(詳しくは自己負担額の項目を参照ください。)



給付対象となる疾患


給付対象となる障害等

対  象   と  な  る  障   害

疾        患        例         等

1

肢体不自由

先天性股関節脱臼、先天性内反足など

2

視覚障害

斜視、眼瞼下垂、白内障など

3

聴覚、平衡機能障害

外耳道閉鎖、小耳症など

4

音声、言語、そしゃく機能障害

口蓋裂、口唇裂、唇顎口蓋裂など

5

心臓機能障害(手術の場合)

心室中隔欠損症、ファロー四徴症など

6

腎臓機能障害

腎移植、人工透析など

7

小腸機能障害

中心静脈栄養など

8

肝臓機能障害(H22.4.1~)

 

9

その他の内臓障害

水頭症、尿管狭窄など

10

免疫機能障害

HIV感染症



※疾患によっては、症状の程度等により対象となるかどうか違いがあるため、必ず主治医にご相談してください。


医療機関


自立支援医療は、自立支援医療を行う医療機関として指定された病院・診療所、薬局、訪問看護ステーション等で受ける

ことができます。


平成28年4月1日現在の県内の指定自立支援医療機関(育成・更生医療)は下記のとおりです。(下関市を除く)


1 病院・診療所

自立支援医療機関(育成・更生医療)名簿(病院・診療所)H28.4.1現在 (PDF : 259KB)


2 薬局

自立支援医療機関(育成・更生医療)名簿(調剤薬局)H28.4.1現在 (PDF : 504KB)


3 訪問看護ステーション

自立支援医療機関(育成・更生医療)名簿(訪問看護)H28.4.1現在 (PDF : 134KB)



※下関市及び県外の医療機関は、その所在地の都道府県や政令指定都市が指定を行っています。



自己負担額


育成医療に該当する医療費の一割分が自己負担となりますが、世帯の収入に応じて自己負担の上限額が決められています。

なお、所得制限があり、市町村民税(所得割)が23万5千円以上の世帯の方は、対象外となりますが、「重度かつ継続」に該当する場合は対象となります。


○自立支援医療(育成医療)自己負担限度額表

階         層         区         分

自  己  負  担  上  限  額(円)

「重度かつ継続」に該当しない場合

「重度かつ継続」に該当する場合

生活保護世帯

0

0

市町村民税非課税

受診者の保護者の収入が80万円以下

2,500

2,500

受診者の保護者の収入が80万円を越える

5,000

5,000

市町村民税課税

「世帯」に属する者の市町村民税所得割額3万3千円未満

5,000

5,000

「世帯」に属する者の市町村民税所得割額3万3千円以上23万5千円未満

10,000

10,000

「世帯」に属する者の市町村民税所得割額23万5千円以上

対象外

20,000


※「重度かつ継続」の対象範囲

①腎臓機能障害、小腸機能障害、肝臓機能障害(肝臓移植後の抗免疫療法に限る)、免疫機能障害、心臓機能障害(心臓移植後の抗免疫療法に限る)

②医療保険の高額療養費の多数該当の方



申請手続きについて


お住まいに市町に、治療開始前に申請してください。申請に必要な書類等は次のとおりです。(詳細は、お住まいの市町にご確認ください。)


1 自立支援医療費(育成)支給認定申請書


2 自立支援医療費(育成)支給認定意見書


3 所得が確認できるもの(市町村民税課税証明書等)


4 健康保険証の写し


5 医療保険の高額療養費の受給状況のわかる書類(該当される方のみ)

同一世帯において直近12ヶ月に高額療養費の支払いが3回以上ある場合



その他


(1)承認された場合の有効期間

原則3ヶ月以内、最長でも1年以内となります。

※上記の期間後も引き続き治療が必要な方につきましては、再認定申請をしてください。


(2)問い合わせ先

お住まいの市町担当窓口におたずねください。各市町窓口一覧 (PDF : 106KB)




お問い合わせ先

健康福祉部

閉じる