このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > index・水道水質基準の改正

平成27年 (2015年) 4月 1日

生活衛生課

平成27年4月1日から、水道の水質基準が改正されました。

改正内容:ジクロロ酢酸及びトリクロロ酢酸の基準値を強化(基準値:いずれも0.03mg/L以下)

改正の趣旨


 内閣府食品安全委員会による発ガン性等の食品健康影響評価結果から、ジクロロ酢酸は現行の0.04mg/L から0.03mg/L に、トリクロロ酢酸は、現行の0.2mg/L から0.03mg/L に強化されたものです。





平成26年4月1日から、水道の水質基準が改正されました。

改正内容:亜硝酸態窒素の追加(基準値 0.04mg/L以下)

改正の趣旨


 亜硝酸態窒素については、近年の知見からきわめて低い濃度でも影響があることがわかってきたことから、基準に追加されたものです。


留意事項


飲用井戸の検査項目についても、亜硝酸態窒素を追加しましたので、検査の際にはご留意ください。

詳しくはこちらをご参照ください。→飲料水の水質検査について

お問い合わせ先

生活衛生課



お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる