このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 残留有害物質モニタリング検査・平成29年度実施分

平成29年 (2017年) 8月 4日

生活衛生課

平成29年度畜水産食品の残留有害物質モニタリング検査

 食用の家畜、養殖魚介類等に対して、生産段階で使用される動物用医薬品等の残留実態を把握するため、山口県では食肉、魚介類等の検査を行っています。

 これまでの検査結果は以下のとおりです。


平成29年7月実施分(第2回目)(収去年月日:平成29年7月20日、21日及び24日)

○はちみつについて合成抗菌剤及び内寄生虫用剤の残留状況を検査しました。

○合成抗菌剤及び内寄生虫用剤は検出されませんでした。


検体名

検体数

はちみつ


※検査を実施した項目:合成抗菌剤及び内寄生虫用剤17項目


平成29年5月実施分(第1回目)(収去年月日:平成29年5月19日及び29日)

○鶏肉(筋肉、肝臓)及び鶏卵について抗生物質、合成抗菌剤及び内寄生虫用剤の残留状況を検査しました。

○抗生物質、合成抗菌剤及び内寄生虫用剤は検出されませんでした。


検体名

検体数

鶏卵

鶏肉

鶏の肝臓


※検査を実施した項目:抗生物質、合成抗菌剤及び内寄生虫用剤18項目(鶏の筋肉は21項目)



●平成28年度実施分

●平成27年度実施分

●平成26年度実施分

●平成25年度実施分

●平成24年度実施分

●平成23年度実施分

●平成22年度実施分

●平成21年度実施分

食の安心総合情報ホームページ

お問い合わせ先

生活衛生課



お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる