このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > くらし・環境 > 食の安心・安全 > 食の安心総合情報ホームページ・やまぐち衛生ジャンプ事業所制度

平成29年 (2017年) 11月 14日

生活衛生課

食の安心情報ホームページ

やまぐち衛生ジャンプ事業所制度


やまぐち衛生ジャンプ事業所一覧


氏名

事業所名

事業所所在地

業種

届出年月日

株式会社白銀工場

株式会社白銀工場

防府市仁井令町1番7号

魚肉ねり製品製造業

平成29年

10月27日

西海食品株式会社

西海食品株式会社

山陽小野田市大字津布田

2634-1

魚肉ねり製品製造業

平成29年

7月11日

食品の冷凍又は冷蔵業

株式会社広松

株式会社広松

萩市大字椿東6463

魚介類販売業

平成28年

11月24日

食品の冷凍又は冷蔵業

そうざい製造業

食品製造業

ワタミ株式会社

ワタミ手づくり厨房

岩国センター

岩国市日の出町2-45

飲食店営業(弁当屋)

平成28年

10月14日

そうざい製造業

深川養鶏農業協同組合

深川養鶏農業協同組合

ブロイラーセンター

長門市東深川糘塚505-1

食肉処理業

平成27年

12月25日




趣旨

山口県では、食品の安全性を確保するため、事業者による衛生管理の高度化(HACCPの導入)に向けた自主的な取組を促進しています。

HACCPを導入するにあたっては、器具類の洗浄・消毒、冷蔵庫の管理、従事者の手洗いなど、基盤となる一般的な衛生管理が適切に行われるとともに、衛生管理の手順の文書化記録の保存が必要となります。

本制度は、食品関連事業者が衛生管理の手順書を作成し、より一層の衛生管理を徹底するとともに、衛生管理の高度化に向けた取り組みを進めることにより、県民の皆様に安心・安全な食品を提供することを目的としています。


概要

制度イメージ

事業者が衛生管理の手順書(記録を含む。)を作成し、保健所に「やまぐち衛生ジャンプ事業所」として届け出ます。

届出事業所には保健所が届出済証を交付するとともに、山口県のウェブサイトでやまぐち衛生ジャンプ事業所として県民の皆様に公表します。


取組のメリット

  • 事業所の衛生管理、従事者の衛生管理意識が向上します。
  • 一般的衛生管理手順を体系的に文書化することにより、HACCPへのステップアップが容易になります。
  • 事業者の自主衛生管理の取組を消費者にアピールできます。

手順書の作成方法について

  • 山口県条例※で定める管理運営の基準に基づき衛生管理の手順を定め、衛生管理手順書を作成してください。
  • 衛生管理手順書では、①作業内容、②実施頻度、③実施担当者、④実施状況の確認及び記録の方法を明確にしてください。
  • 作成にあたっての留意点については、「手順書作成基準の解説」を参考にしてください。
  • 具体的な作成方法については、県生活衛生課又は最寄りの健康福祉センター(環境保健所)に相談してください。

※食品衛生法の規定に基づく公衆衛生上必要な基準を定める条例(平成12年山口県条例第7号)


 やまぐち衛生ジャンプ事業所制度実施要領


やまぐち衛生ジャンプ制度実施要領 (PDF : 240KB)


手順書作成基準の解説 (PDF : 174KB)


衛生管理計画書(参考様式) (Word : 26KB)

お問い合わせ先

生活衛生課 食の安心・安全推進班



お問い合わせ先

生活衛生課 食の安心・安全推進班

閉じる