このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第26号

平成26年 (2014年) 7月 1日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページのトップページへ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


★やまぐち食の安心・安全メール 第26号★


■食中毒予防:ウェルシュ菌

・人や動物の腸管や土壌中などに広く生息しています

・酸素のないところで増殖します

・通常は熱に弱いですが、芽胞という熱に強い状態に変化することがあります

(この状態では、100℃で1~6時間の加熱に耐えます)

・寸胴鍋など深鍋を使った煮込み料理(カレーなど)が食中毒の原因となることが多い

・主な症状は、腹痛、下痢など

・症状が出るまでの時間は6~18時間(平均10時間)

【食中毒予防】

・調理後は速やかに食べましょう

・食品を保存する時は室温で放置せず、小分けしてから急速に冷却しましょう(10℃以下)


詳しくはこちら

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15300/anzenjohou/welchii.html


■生鮮食品表示4:肉類に必要な表示

・販売業者が一般消費者に肉類を販売する際は、次の表示が必要(食堂等で飲食させる場合を除く)

1)名称

2)原産地

・国産品:国産(都道府県名や一般に知られている地名も可)

・輸入品:原産国名

3) 牛肉の場合、個体識別番号又は荷口番号

・容器・包装されたものには、内容量、加工所の所在地、加工者名、消費期限または賞味期限、保存方法の表示も必要です

・公正競争規約では、食肉の部位等、冷凍・解凍品の場合はその表示、100g当たりの価格等の表示も必要とされています

※生食用食肉はこの他に表示すべき項目があります


詳しくはこちら(消費者庁HP、品質表示基準)

http://www.caa.go.jp/jas/hyoji/kijun_Itiran.html


■行政等の取組

【山口県】

・平成26年度夏期食品一斉監視指導

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/201406/028206.html


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp




お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる