このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第32号

平成26年 (2014年) 10月 10日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページのトップページへ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


★やまぐち食の安心・安全メール 第32号★


■ノロウイルス食中毒に注意!

・今年度、本県で発生した食中毒11件のうち、7件の原因がノロウイルスでした

・ノロウイルスは、感染力が強く、少量でもお腹の中で増えて食中毒を起こします

・主な症状は下痢、おう吐、吐き気、腹痛、発熱(一般的に軽度37~38℃)などです

・ノロウイルスには、消毒用アルコールはあまり効果がありません


【食中毒予防】

・調理や食事の前は、石けんで手を良く洗う(2回繰り返すとより効果的)

・二枚貝や加熱が必要な食品は、内部まで十分加熱(中心温度85℃~90℃で90秒間以上)

・使用した包丁やまな板などは、熱湯や次亜塩素酸ナトリウム液(塩素濃度0.02%)で消毒

・下痢や嘔吐などの症状がある時は、直接食品を取り扱う作業を控える

(症状がなくなっても、1週間程度はウイルスの排出が続くので要注意!)


詳しくはこちら

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15300/anzenjohou/norovirus.html


■魚介類の名称について

・魚介類は地方や成長段階によって様々な呼び方があり、最近は外国から新顔の魚が輸入されています

→そのため水産庁は魚介類の名称のガイドラインを策定しています


【ガイドラインによる名称の表示方法】

・標準和名(日本全国で通じる名称)が基本であるが、より広く一般的に使用される和名があれば、その名称を表示できる

(例)標準和名:サクラマス、一般的名称:ヤマメ

・地方名も一般に理解できる地域では表示できる

(例)標準和名:クロダイ、一般的名称:チヌ(西日本)

・成長段階や季節に応じた名称も表示できる

(例)成長名:ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ(大阪)


その他のルール等、詳しくはこちら

http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/hyouzi/index.html


※なお、フグについては標準和名を表示する必要があります


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp




お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる