このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第36号

平成26年 (2014年) 12月 8日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページのトップページへ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


★やまぐち食の安心・安全メール 第36号★


■貝毒プランクトンの調査

・11月27日に配信した「貝毒」について、本県の調査体制等をお知らせします

【貝毒とは】

・毒素を持つプランクトンを食べたカキ、アサリ等の二枚貝が体内に蓄積させた毒素です(ヒトの食中毒症状を指すこともあります)

・症状により、麻痺性貝毒や下痢性貝毒などに分類されます

・毒は熱に強く、加熱調理しても毒性は弱くなりません

【本県の調査体制等】

・貝毒プランクトンの発生状況を県内各地で調査しています

→調査で貝毒プランクトンの増殖を確認した場合、その海域の二枚貝の貝毒検査を実施します

⇒検査の結果、規制値を超えた場合は、漁協等を通じた二枚貝の出荷自主規制措置や

 住民に対する採捕禁止の注意喚起を行っています


・貝毒について、詳しくはこちら(農林水産省)

 http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/gyokai/g_kenko/busitu/index.html


■生鮮食品に必要な表示:鶏卵(殻つき卵)

・販売業者が一般消費者に鶏卵を販売する際は、次の表示が必要です(食堂等で飲食させる場合を除く)

1)名称

2)原産地

3)賞味期限

→生食できる期限です

4)使用方法・保存方法(生食用・加熱加工用の区別等)

→生食用の場合、購入後は冷蔵庫で保管することが望ましいです

5)採卵施設等の所在地、採卵した者等の氏名

・その他、公正競争規約により表示が必要な内容があります

(例)MやLなどの規格(ちなみにMは卵1個あたりの重量が58g~64g未満です)


■行政等の取組

【県政放送】

・テレビ山口「大好き!やまぐち」

 12月9日(火曜日)21時54分

 テーマ:防ごう!ノロウイルス食中毒


【山口県】

・食品、添加物等の年末一斉監視指導の実施について

 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/201411/029729.html


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp




お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる