このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第37号

平成26年 (2014年) 12月 25日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページのトップページへ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


★やまぐち食の安心・安全メール 第37号★


■食の豆知識: れんこん

・蓮根と書きますが、はすの根ではなく、地下茎(地中の茎)がふくらんだものです

・はすの名は、花が咲いた後の花托が蜂の巣に似ていることから「蜂巣(はちす)」、それが略されて「はす」になったと言われています

・穴が開いていることから“見通しがきく”ということで、おせち料理や慶事に用いられます

・食物繊維、ビタミンC、カリウムを多く含みます

・切った面が酸素に触れると変色します

→酢水に漬けると変色を防止できます

→切ったものを保存する場合は、ラップでしっかり包み、冷蔵庫の野菜室で保存します


【やまぐちの農産物:岩国れんこん】

・独特のもちっとした粘りとシャキシャキした食感が特徴です

・江戸時代から栽培されており、当時の岩国藩主「吉川家」の家紋に形が似ていたことから、殿様に大変喜ばれたとされています

 http://www.marugoto-y.net/nousuitiku/nousan/12_renkon.html


■年末・年始の家庭での食中毒予防

・手は石けんでよく洗いましょう

・おせち料理などは、暖房中の部屋に放置しないようにしましょう

・冷蔵庫には食品を詰めすぎないようにしましょう(目安は7割程度)

・ノロウイルス食中毒の予防のため、二枚貝や加熱が必要な食品は内部まで十分加熱しましょう(中心温度85℃~90℃で90秒間以上)

・フグには水洗いや加熱ではなくならない猛毒がありますので、素人は絶対に調理しないようにしましょう


■行政等の取組

【内閣府食品安全委員会】

・平成27年度食品安全モニターの募集

 http://www.fsc.go.jp/monitor/2612/27monitor-boshu.html


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp




お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる