このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第40号

平成27年 (2015年) 2月 10日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページのトップページへ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


★やまぐち食の安心・安全メール 第40号★


■リステリアによる食中毒に注意しましょう

【リステリアとは】

・動物の腸管や自然環境中に広く分布している細菌です

・4℃以下の低温や12%食塩濃度下でも増殖します

・欧米では、ナチュラルチーズ、生ハム等が原因の集団食中毒が発生しています

・国内でも、乳製品や食肉加工品などから、リステリアが検出されています

・リステリアに感染すると、悪寒・発熱・筋肉痛などの症状が出ることがあります


【食中毒予防】

・食品は期限内に食べるようにし、開封後は期限に関わらず速やかに消費しましょう

・リステリアは低温であるほど増殖しにくいため、保存する場合は、チルド室や冷凍庫を活用しましょう

・リステリアは他の食中毒菌と同様に、食品を加熱することで予防できます

※妊婦、高齢者、免疫機能が低下している方は、重症化しやすいので注意が必要です!


詳しくはこちら(厚生労働省HP)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000055260.html


■ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

【ナチュラルチーズ】

・乳に乳酸菌や酵素を加えて固めたもの、またはそれを熟成させたものです

→乳酸菌や酵母が生きているので、熟成とともに風味が変わります

 例:カマンベール、ゴーダ


【プロセスチーズ】

・ナチュラルチーズを加熱して溶かし、乳化・成型したものです

→加熱により、乳酸菌や酵素の働きが止まるので、風味が一定で、保存性も高くなります

 例:スライスチーズ


■行政等の取組

【食品安全委員会】

・食品安全第41号

http://www.fsc.go.jp/sonota/kikansi/kikansi.html


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp




お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる