このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第70号

平成28年 (2016年) 5月 12日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページのトップページへ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


■家庭でも、食中毒は発生します!

変な匂いがしなければ大丈夫?

食べる前に熱を加えさえすれば大丈夫?

冷蔵庫に入れさえすれば大丈夫?

真空パックだから大丈夫?


こんな間違った認識が家庭での食中毒のもとです

暖かくなり、細菌が増えやすい時期です。細菌性食中毒予防の3原則を徹底しましょう


○つけない!

手にはさまざまな雑菌が付着しています。食中毒の原因菌やウイルスを食べ物に付けないように、必ず手を石けんで洗いましょう

○増やさない!

細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になりますが、10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止します。食べ物に付着した菌を増やさないためには、低温で保存することが重要です

○やっつける!

ほとんどの細菌は加熱によって死滅しますので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安全です。特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です。中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です


詳しくはこちら(厚生労働省HP)↓

http://www.gov-online.go.jp/featured/201106_02/




■やまぐち食の安心・安全ハンドブック(第5版)を発行しました

県民の皆さまに食の安心・安全に関する正しい知識を普及・啓発していくために発行した「やまぐち食の安心・安全ハンドブック」の内容を見直し、第5版として新たに発行しました

○特徴

・食品の生産から消費に至る幅広い内容を網羅

・複雑な食品表示をわかりやすく解説

・県内農水産物の出荷・水揚げカレンダーや県内農畜産物のシンボルマーク紹介など、県民の皆さんに身近に感じてもらえるよう工夫

・全ページフルカラーで、写真や図表を用いることにより、わかりやすさに配慮

・どこからでも読めて、調べやすいように各項目を独立した構成とし、持ち運びにも便利な大きさ(A5判)

○入手方法

・県ホームページからダウンロードできます

・このハンドブックは、県健康福祉センターや県生活衛生課が行う「食の安心・安全お届け講座」のテキストとして使用します


詳しくはこちら(県HP)↓

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15300/syoku/handbook.html


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp




お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる