このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第82号

平成28年 (2016年) 11月 9日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページのトップページへ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


やまぐち食の安心・安全メール第82号


■食品表示のポイント:生かき

 生かきは、冬の味覚として栄養価も高く、古くから一般に親しまれている食品です

 生かきには「生食用」と「加熱調理用」の区別があります。購入する際は、表示をよく確認しましょう!


○必要な表示(義務表示)

①名称 (例:生かき)

②生食用であるかないかの別 (例:「生食用」、「加熱調理用」)

③消費期限又は賞味期限

④保存方法(例:10℃以下で保存してください)

⑤採取水域(生食用のもののみ)(例:×県▽湾)

⑥原産地(生食用は、⑤採取水域を表す地名がその原産地を表す場合に⑤で代替可)

⑦加工者名、加工所所在地

⑧冷凍品を解凍したものは「解凍」と表示します



■ノロウイルス食中毒に注意しましょう!~冬は特にご注意を!~

 ノロウイルスによる食中毒は、1年を通じて発生しますが、特に冬場に多発します

 ノロウイルスにはアルコール消毒は効果がありません

 正しい知識を持って、しっかりと予防しましょう


○感染経路は?

①人からの感染

・患者の便やおう吐物から人の手などを介して二次感染する場合

・家庭や施設内などでの飛沫などにより感染する場合など

②食品からの感染

・感染した人が調理などをして汚染された食品を食べた場合

・ウイルスの蓄積した加熱不十分な二枚貝などを食べた場合など


○感染したらどんな症状に?

・感染した場合、約24~48時間で吐き気、おう吐、下痢、腹痛、微熱などの症状が出てきます

・子どもやお年寄りなどでは重症化することがありますので、特にご注意ください!


○予防方法

・調理や食事の前は、石けんで手を良く洗う(2回繰り返すとより効果的)

・二枚貝や加熱が必要な食品は、内部まで十分加熱(中心温度85℃~90℃で90秒間以上)

・使用した包丁やまな板などは、熱湯や次亜塩素酸ナトリウム液(塩素濃度0.02%)で消毒

・下痢や嘔吐などの症状がある時は、直接食品を取り扱う作業を控える

(症状がなくなっても、1週間程度はウイルスの排出が続くので要注意!)


詳しくはこちら↓

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15300/anzenjohou/norovirus.html


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp


お問い合わせ先

生活衛生課



お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる