このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第83号

平成28年 (2016年) 11月 28日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページのトップページへ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


やまぐち食の安心・安全メール第83号


■食の豆知識:やまのいも

・日本で食用として栽培されているものは、中国原産の山芋、日本原産の自然薯、東南アジア原産の大薯の3種類に分けられ、この総称としてやまのいもと呼ばれています

・高血圧の予防に効果があるカリウム、マグネシウム等のミネラルや、ビタミンB群、ビタミンC等をバランス良く含む健康野菜です


○選び方

・全体的にずっしりと重みがあり、切り口が白いものが新鮮です

・ひげ根が多いものは粘り気が強い証拠です

・表面に張りがあり、皮が薄く自然な肌色のものを選びましょう。(白すぎるものは漂白している場合があるので注意しましょう)


○調理方法

やまのいもの種類によって、料理法を選びましょう

・シャキッとした食感を楽しむならながいも

・とろろ汁や山かけには粘り気のあるやまといも

・とろろ本来の香りを味わいたいなら自然薯を使いましょう

・皮をむいたら、あく抜きのために、酢を入れた水にさらします。これにより変色や手がかゆくなるのを防ぎます。


○保存方法

・カットものは、切り口が空気に触れないようにラップに包み冷蔵庫で保存し、1週間以内に使い切りましょう

・すり下ろしたものや千切りにしたものは、ラップに包んで冷凍保存が可能です



■HACCP方式による食品関係施設の衛生管理の高度化

 県では、食品関係事業者の衛生管理の高度化を促進するため、①やまぐち衛生ジャンプ事業所制度と、②HACCP方式による衛生管理届出制度を設けて、事業者の取組を消費者にアピールしています


この度、新たに「ワタミ株式会社」(岩国市)から、①やまぐち衛生ジャンプ事業所届と②HACCP方式による衛生管理届が提出されました


○届出事業所情報についてはこちら

①やまぐち衛生ジャンプ事業所届↓

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15300/syoku/eiseijump.html

②危害分析・重要管理点(HACCP)方式による衛生管理届↓

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15300/syoku/haccp-todoke.html


○取組のメリット

・事業所の衛生管理、従業者の衛生意識が向上します

・一般的衛生管理手順を体系的に文書化することにより、HACCPへのステップアップが容易になります

・HACCP方式導入による、事業者の安全な食品を製造するための取組を消費者にアピールできます


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp


お問い合わせ先

生活衛生課



お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる