このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第9号

平成25年 (2013年) 10月 31日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


★やまぐち食の安心・安全メール 第9号★


■食の豆知識:さつまいも

・17世紀前半に中国→琉球→薩摩と伝わったことから薩摩芋と呼ばれる。

・収穫後2か月間、13~15℃で貯蔵するとデンプンが分解し糖度が増す。

・10℃以下で保管すると腐敗するので、冷蔵庫内に入れない方がよい。

・石焼き芋は、時間をかけてゆっくり焼くと、酵素の働きにより甘みが強くなる。

・腸内細菌の栄養源となるデンプンや食物繊維が豊富に含まれる。

→大腸の働きが活発化し、おならが出る。


■食の安心・安全○×クイズ

10月19日、20日の「やまぐちいきいきエコフェア」で来場者に○×クイズを出題

1:食中毒の原因となるノロウイルスは、食品の中で増えるが、人の腸の中では増えない。

2:腸管出血性大腸菌O157は、65℃1分間の加熱で死滅する。

3:山口県では、食の安心・安全推進条例で「食を考える日」を定めている。


答えはメールの最後に記載


■行政等の取組

【内閣府食品安全委員会】

・食品安全36号

http://www.fsc.go.jp/sonota/kikansi/kikansi.html


【山口県】

・食品衛生検査結果(H25.10.30更新)

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15300/syoku/kensa.html



(答え)

1:×(食品の中では増えませんが、人の腸の中では増えます)

2:×(O157は、75℃1分間以上の加熱で死滅します)

3:○


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp




お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる