このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心・安全メール・第90号

平成29年 (2017年) 3月 14日

生活衛生課

食の安心総合情報ホームページのトップページへ

やまぐち食の安心・安全メール


バックナンバーはこちら


やまぐち食の安心・安全メール第90号


■食の豆知識:いちご

 いちごは、野菜・果実の中でも、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには抗酸化作用があることから、動脈硬化や脳卒中を予防する働きがあります。

 葉酸やカリウムも含まれています。葉酸は、赤血球を造成するために必要な物質です。カリウムは、余分な塩分を体外に排出する効果もあります。食味を楽しむだけではなく、健康維持のためにも重要な働きをする野菜です。

山口県内ではハウス栽培を中心に、12月から6月いっぱいまで出荷されます。主な品種は「とよのか」と「さちのか」。酸味と甘みのバランス、香りの良さが人気です。


○選び方

・色鮮やかで光沢があり、形がしっかりとしたものを選びましょう

・ヘタもみずみずしく緑が濃いもので、ヘタの周辺が白いものは熟し方が足りないので、選ぶ時はよく見ましょう


○保存方法

・いちごを新鮮でおいしく食べられるのは、2~3日です

・水分がつくと傷みやすくなるため、洗わずラップに包むか、冷蔵庫で保存します

・食べる直前に洗いましょう


県HP(やまぐちの農・水・畜産物)

http://www.buchiuma-y.net/nousuitiku/nousan/03_ichigo_mame.html



■県からのお知らせ

○と畜検査におけるBSE検査対象の見直しについて

厚生労働省は、食品安全委員会の「現行の48か月齢超の健康牛のBSE検査を廃止しても人への健康影響は無視できる」旨の答申を受け、次のとおり検査対象を見直した

【検査対象】

・健康牛については廃止

・平成29年4月からは、24か月齢以上の牛で、以下の症状を呈する牛を対象とする

 ①運動障害、知覚障害、反射又は意識障害等の神経症状が疑われた牛

 ②全身症状を呈する牛


やまぐち食の安心・安全推進協議会

【事務局】山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp


お問い合わせ先

生活衛生課



お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる