このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 動物由来感染症・動物由来感染症(ズーノーシス)って何?

平成29年 (2017年) 3月 13日

生活衛生課

まもるちゃん・あいちゃん

動物由来感染症どうぶつゆらいかんせんしょう(ズーノーシス)って何だろう?

動物由来感染症とは・・・


「動物由来感染症」とは、動物から人に感染する病気の総称です!

人と動物に共通する感染症として、「人獣共通感染症」とか「人と動物の共通感染症」とも言われますが、厚生労働省は人の健康問題という視点に立って、「動物由来感染症」という言葉を使っています。

なお、人間も動物も重症になるもの、動物は無症状で人間が重症になるもの、その逆で人間は軽症でも動物は重症になる病気など、病原体によって様々なものがあります。

感染を予防するには正しい知識が必要です。


動物由来感染症が問題となる背景


その背景として人間社会の変化と人間の行動の多様化があげられています。例えば、交通手段のめざましい発展による膨大な人と物の移動、人口の都市集中化、絶え間ない土地開発と自然環境の変化、先進国では抵抗力の弱い高齢者等の感染を受けやすい人々の増加の影響や、野生動物のペット化等があげられています。


よく知られているのはこんな病気です


○イヌ

狂犬病

パスツレラ症

イヌブルセラ症

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症

○ネコ

Q熱

パスツレラ症

猫ひっかき病

トキソプラズマ症

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症

○ウシ、ヤギ、ヒツジ等

腸管出血性大腸菌感染症

○鳥

オウム病

カンピロバクター症

○げっし類

鼠咬症

レプトスピラ症

○は虫類

サルモネラ症

○節足動物(ダニ、蚊など)

※ペットから直接感染する病気ではありませんが、節足動物に由来するため、動物由来感染症に分類されています。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)(マダニ)

日本紅斑熱(マダニ)

マラリア(蚊)

ジカウイルス感染症(蚊)

ウエストナイル熱(蚊)



動物由来感染症を予防するには


【詳しくはこちらから 動物由来感染症ハンドブック2016 (PDF : 8MB)


○動物にさわったら、必ず手を洗いましょう。

○過剰なふれあいは控えましょう。

○動物の身の回りは清潔にしましょう。

○ふん尿は速やかに処理しましょう。

○犬・猫に咬まれたり、ひっかかれた場合は病院で適切な治療を受けましょう。

○動物(ペット)も定期検診で病気の早期発見を!

○体に不調を感じたら、早めに受診を!


山口県内における動物由来感染症実態調査


 山口県では毎年度、家庭のペット動物やペットショップの動物、さらにはふれあい展示動物を対象として、動物由来感染症病原体等の保有状況を調査しています。

 今年度は、げっ歯類のレプトスピラ感染症、鳥類のカンピロバクター感染症、ウシ、ヤギ等の腸管出血性大腸菌感染症、ネコのジフテリア毒素産生コリネバクテリウム・ウルセランス感染症を調査しました。

 今年度の詳しい調査結果及び過去の結果については、下記をご覧ください。


○平成28年度動物由来感染症予防体制整備事業報告書平成28年度報告書 (PDF : 1MB)

○平成27年度動物由来感染症予防体制整備事業報告書平成27年度報告書 (PDF : 1MB)

○平成26年度動物由来感染症予防体制整備事業報告書平成26年度報告書 (PDF : 655KB)

○平成25年度動物由来感染症予防体制整備事業報告書平成25年度報告書 (PDF : 168KB)

○平成24年度動物由来感染症予防体制整備事業報告書平成24年度報告書 (PDF : 7MB)

○平成23年度動物由来感染症予防体制整備事業報告書平成23年度報告書 (PDF : 5MB)


 また、これまでの調査結果を基に「動物由来感染症ハンドブック~動物からうつる病気があります~」を作成しました。

 動物由来感染症の正しい理解と動物たちと適切につきあっていくための参考にしてください。


○動物由来感染症ハンドブック~動物からうつる病気があります~山口県動物由来感染症ハンドブック (PDF : 2MB)







お問い合わせ先

生活衛生課

閉じる