このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 環境政策課 > 次世代自動車・次世代自動車の普及に関するお知らせ(国補助金・県の取組 他)

平成29年 (2017年) 4月 26日

環境政策課

次世代自動車の普及に関するお知らせ(国補助金、県の取組 他)

1 電気自動車・プラグインハイブリッド自動車等の購入に対する補助金

(1)クリーンエネルギー自動車(CEV)等導入費補助事業(国)


電気自動車やプラグインハイブリッド自動車等は車両価格が高いため、購入時の補助制度が設けてられています。車種により補助金額が設定されていますので、詳細は次世代自動車振興センターHPをご覧ください。


「クリーンエネルギー自動車(CEV)等導入費補助金」コンテンツ一覧 (別ウィンドウ)


(2)地域交通のグリーン化に向けた次世代環境対応車普及促進事業(H29)(国)

燃料電池バス、電気タクシー、超小型モビリティ 等(主に事業者向け)


国土交通省は、大気汚染問題への対応や地球温暖化の改善、省エネルギーの実現等を図るため、平成14年度から次世代自動車の導入に対する補助を実施しています。

平成29年度からは、より多くの取組みを支援していくため制度が見直されていますので、詳細は国土交通省HPをご覧ください。


環境に優しいクルマの普及を目指して (低公害車普及促進対策費補助金の枠組みが変わります。) (別ウィンドウ)



≪参考≫地球にやさしい環境づくり融資制度

山口県では、地球温暖化防止の取組を進めるため、個人向けや中小企業向けに、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車等低公害車の購入に必要な資金を融資しています。

また、太陽光発電と同時にV2Hを導入する場合、必要な資金の融資及び一部補助を行っています。


融資制度(個人・中小企業向け) (別ウィンドウ)


(参考)融資対象の次世代自動車(天然ガス自動車、メタノール自動車、LPG自動車を除く) (PDF : 122KB)


県産品利用・やまぐち再エネ補助金 (別ウィンドウ)



2 次世代自動車充電インフラの整備に対する補助金(平成29年度)について【国の支援制度】


電気自動車・プラグインハイブリット車の充電器設置を進めるため、(一社)次世代自動車振興センターが機器購入費及び工事費を補助(文字属性1)しています。充電器の設置場所や内容をご確認の上、是非ご検討ください。

詳細は次世代自動車振興センターのホームページをご覧ください。


次世代自動車振興センターHP (別ウィンドウ)

申請の手引き (別ウィンドウ)


公募受付期間:平成29年4月25日(火曜日)~9月29日(金曜日)



3 県有施設の急速充電器設置について【県事業】


県内5か所で急速充電器を利用可能です。

なお、合同会社日本充電サービス(NCS)の課金システムによる有料利用です。

料金の詳細については、NCSのホームページ又は会員カードを発行している各社のホームページをご覧ください。


設置場所

利用可能時間

備考

山口宇部空港

(宇部市沖宇部625)

7:00~22:00

・急速充電器を1基設置

・駐車場利用時間内の供用


維新百年記念公園

(山口市維新公園4-1-1)

7:00~21:30

岩国総合庁舎

(岩国市三笠町1-1-1)

7:30~23:00

周南総合庁舎

(周南市毛利町2丁目38)

8:00~22:00

萩総合庁舎

(萩市江向河添沖田531-1)

24時間利用可

・急速充電器を1基設置


<利用上の注意>

充電後の操作ミスとみられる異常停止(故障)が頻発していますので、操作パネルの表示をよく確認のうえ、ご利用ください。


設置場所位置図 2017 (PDF : 271KB)


≪参考≫

合同会社日本充電サービスホームページ (別ウィンドウ)


4 次世代自動車ガイドブック2016-2017

環境省、経済産業省及び国土交通省では、今後のさらなる次世代自動車の普及のために、次世代自動車に関連したより多くの情報を広く周知し、共有するため、これらの関連情報をとりまとめた「次世代自動車ガイドブック2016-2017」を作成・公表しています。


環境省HP (別ウィンドウ)

関連リンク


やまぐちの地球温暖化対策 やまぐちの環境



お問い合わせ先

環境政策課



お問い合わせ先

環境政策課

閉じる