このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 環境政策課 > 大気環境・大気環境中の空間放射線量の測定結果

平成28年 (2016年) 9月 7日

環境政策課

山口県の放射線量の測定結果をお知らせします。

山口県の監視体制について

 自然界には宇宙から飛んでくる宇宙線、大地からの放射線などがあり、これらは自然放射線と呼ばれています。


 山口県では、山口県環境保健センター(山口市大字朝田535)のほか県内5ヶ所に測定機器(モニタリングポスト)を設置して、大気環境中の放射線量(空間放射線量)を24時間連続で測定しています。


 また、地上に降下したチリや雨を「降下物」と呼んでいますが、これらに含まれる放射性物質についても、同じ地点で定期的に検査しています。


空間放射線量(大気環境中の放射線量)の測定について

■山口県の測定結果


現在まで、山口県の空間放射線量は平常時の範囲内にあり、変動はありません。


空間放射線量測定結果(単位:マイクロシーベルト/時)


平常時の範囲(平成21年度の最小値~最大値)


0.084~0.128


期 間

最大値

最小値

平均値

平成23年3月15日 ~ 31日

0.108

0.089

0.093

4月 1日 ~ 30日

0.108

0.089

0.093

5月 1日 ~ 31日

0.117

0.088

0.093

6月 1日 ~ 30日

0.108

0.087

0.092

7月 1日 ~ 31日

0.120

0.087

0.094

8月 1日 ~ 31日

0.128

0.089

0.096

9月 1日 ~ 30日

0.108

0.089

0.094

10月 1日 ~ 31日

0.106

0.089

0.094

11月 1日 ~ 30日

0.106

0.089

0.094

12月 1日 ~ 31日

0.125

0.090

0.094

平成24年1月 1日 ~ 31日

0.136

0.090

0.095

2月 1日 ~ 29日

0.117

0.089

0.094

3月 1日 ~ 31日

0.118

0.089

0.094


平成24年度から測定値は、原子力規制委員会のホームページでリアルタイムでご覧になれます。(■全国の測定結果参照)

※注1 マイクロシーベルト:人が放射線を受けたとき、その影響を測るものさしとして使われる単位。

※注2 平成24年1月1日~31日の期間中最大値0.136マイクロシーベルト/時は、1月2日5:00~6:00時に観測されており、当時の気象状況(みぞれ/雪)により一時的に上昇したもので、計測値はすぐに低下しています。なお、この一時的な上昇の原因は、大気中に浮遊している放射性物質が雪などに取り込まれて地表に降下してくるためで、スペクトル解析により自然放射線の増加によるものであることを確認しています。


■全国の測定結果


原子力規制委員会が、全国の空間放射線量の測定結果を公開しています。 (別ウィンドウ)

※平成24年4月2日から、放射線モニタリング情報がリアルタイムでご覧になれます。


参考① 福岡県放射線・放射能情報サイト (別ウィンドウ)

参考② 北九州市放射線量測定結果 (別ウィンドウ)


空間放射線量の変動について

 空間放射線量は、常に変動しています。雨が降ると、大気中に浮遊している放射性物質が雨にとりこまれて地表に降下してくるため、空間放射線量が一時的に上昇します。逆に雪が積もっていると、雪によって大地からの放射線が遮られるため、空間放射線量が一時的に下降します。


山口県の測定地点について

 大地からの放射線は、地域により差があり、測定地点の地質によって変化することが知られています。これは、大地に含まれる自然放射線の量に違いがあるためです。山口県の測定地点は人間の放射線被ばくを模擬できるように地上から1.5メートルに設置しています。測定地点は花崗岩質の地質の上にあり、花崗岩から出る自然放射線が他の岩石と比較して若干多いことから、他県と比べて少し大きい値となっていますが、世界にはもっと大きい値の場所もあります。


 空間放射線量測定機器(モニタリングポスト) 


(写真1)空間放射線検出部 (写真2)空間放射線測定部

《写真左:検出部》                《写真右:測定部》



 日常生活で被ばくする放射線の量について、独立行政法人 放射線医学総合研究所のホームページに資料がありますので、ご覧ください。


日常生活と放射線 (別ウィンドウ)



地上1メートルでの放射線測定について

 多くの都道府県が空間放射線量測定機器(モニタリングポスト)を建物屋上など地上から離れた高い位置に設置していることから、人の生活空間と同じ地上1メートルの高さでの放射線測定の必要性が指摘されています。


 山口県では、従来から人間の放射線被ばくを模擬できるように、地上から1.5メートルの高さで測定しています。


 サーベイメータ(持ち運び可能な放射線測定装置)を用い、モニタリングポストの近くにおいて地上1メートルの高さで測定した値は、モニタリングポストによる地上1.5メートルでの測定値とほぼ同じ結果となっています。


 山口県を含む全国の地上1メートルでの測定値を、原子力規制委員会が公開しています。 (別ウィンドウ)


 地上1メートルにおける放射線測定については、平成23年12月22日に当時の所管である文部科学省から放射線モニタリングの見直し(参考:原子力規制委員会ホームページ) (別ウィンドウ) が示され、これまでの測定値の変動が小さいことから、平成24年1月以降は過去の実績をもとに、モニタリングポストの測定値から推計する方式に移行することになりました。なお、当面は1ヶ月に1度、サーベイメータにより測定し、検証することとされています。


 サーベイメータ 


(写真3)サーベイメータ


空間放射線量の広域エリア調査について

 県内の広域エリアを対象として、県内10市で空間放射線量を測定しました。


 いずれの地点も、県環境保健センター(山口市:モニタリングポスト)における平常値の範囲(0.084~0.128マイクロシーベルト/時)以下であり、異常は認められませんでした。


 なお、測定にはサーベイメータ(持ち運び可能な放射線測定装置)を用い、地上1メートルの高さで測定しています。


空間放射線量の広域エリア調査結果 (単位:マイクロシーベルト/時)

 

調査地点

所在地

測定年月日

天候

空間放射線量

1

岩国健康福祉センター

岩国市三笠町

平成23年6月27日

小雨

0.045

2

柳井健康福祉センター

柳井市古開作

平成23年6月27日

0.067

3

周南健康福祉センター

周南市毛利町

平成23年6月27日

小雨

0.077

4

県防府総合庁舎

防府市駅南町

平成23年6月27日

小雨

0.063

5

環境保健センター

山口市朝田

平成23年6月27日

小雨

0.082

6

宇部健康福祉センター

宇部市常盤町

平成23年6月28日

0.066

7

県美祢合同庁舎

美祢市大嶺町

平成23年6月28日

小雨

0.067

8

長門健康福祉センター

長門市東深川

平成23年6月28日

小雨

0.070

9

萩健康福祉センター

萩市江向

平成23年6月28日

小雨

0.072

10

県下関総合庁舎

下関市貴船町

平成23年6月29日

0.066


  ※注1 空間放射線量は気象条件等に左右されるため、時間とともに常に変動しています。

  ※注2 各地点のデータは、同時に計測したものではありません。


 広域エリア調査 


(写真4)広域エリア調査


降下物(地上に降下したチリや雨)の放射線測定について

1 定時降下物の測定結果(1日単位)

 東日本大震災発生後、文部科学省の指示を受けて、東京電力(株)福島第一原子力発電所事故の影響を迅速に把握するための簡易な検査を、平成23年3月18日から12月27日まで毎日実施したところ、放射性物質は検出されませんでした。


 1日単位の定時降下物の測定については、平成23年12月22日に当時の所管である文部科学省から放射線モニタリングの見直し(参考:原子力規制委員会ホームページ) (別ウィンドウ) が示され、平成24年1月以降は測定精度を約100倍に高めたうえで月間降下物を測定することになりました。


原子力規制委員会が、全国の定時降下物の測定結果を公開しています。 (別ウィンドウ)


2 月間降下物の測定結果(1ヶ月単位)

 1日単位の検査に加えて、より精度の高い詳細な検査として、月間降下物(1ヶ月分の累積値)について測定を実施しています。

 一部の放射性物質が検出されていますが、きわめて微量であり健康に影響はありません。


 

ヨウ素131

(ベクレル/㎡)


セシウム134

(ベクレル/㎡)


セシウム137

(ベクレル/㎡)


換算放射線量

(マイクロシーベルト/年)


自然界から1年間に受ける放射線量

(2400マイクロシーベルト/年)との比較

平成23年3月

不検出

不検出

0.068

0.00055

約4,360,000分の1

4月

3.9

0.95

2.9

0.041

約58,000分の1

5月

不検出

0.41

0.33

0.0103

約233,000分の1

6月

不検出

0.096

0.095

0.0025

約960,000分の1

7月

不検出

0.080

0.098

0.0023

約1,040,000分の1

8月~12月

不検出

不検出

不検出

平成24年1月~12月

不検出

不検出

不検出

平成25年1月~12月

不検出

不検出

不検出

平成26年1月~12月

不検出

不検出

不検出

平成27年1月~

12月

不検出

不検出

不検出

平成28年1月~

6月

不検出

不検出

不検出

7月

不検出

不検出

不検出

8月

不検出

不検出

不検出


※注1 ベクレル:放射性物質の放射能の強さ、または量を表す単位。

※注2 換算放射線量は、検出された放射性物質が出す放射線を1年間受け続けたときの放射線の量を算出するため、放射能の強さの単位である「ベクレル」から、放射線が人体に及ぼす影響を評価する単位である「マイクロシーベルト」に換算して合計したものです。

※注3 換算放射線量は「国連科学委員会2000年報告書」の線量評価手法を用いて算出しています。

※注4 月間降下物(1ヶ月単位)の分析は、定時降下物(1日単位)の分析に比べて採取量が多く(採取面積が広く、採取期間が長い)、さらに測定時間が長いため、より精度の高い検査となっています。


原子力規制委員会が、全国の月間降下物の測定結果を公開しています。 (別ウィンドウ)



海水浴場の放射性物質調査について

 海水浴場を利用する方々の安全・安心を確保するため、地域ごとに利用者の多い8海水浴場で、通常の水質調査に加え新たに放射性物質調査を実施しました。


 全ての海水浴場で放射性物質は検出されませんでした。


 砂浜の放射線量も平常値以下でした。


海水の放射性物質調査結果 (単位:ベクレル/リットル)

海水浴場名

所在市町

採水日

放射能濃度

セシウム

134

セシウム

137

ヨウ素

131

潮風公園

岩国市

平成25年5月 8日

不検出

不検出

不検出

片添ヶ浜

周防大島町

平成25年5月14日

不検出

不検出

不検出

虹ヶ浜

光 市

平成25年5月 7日

不検出

不検出

不検出

富海

防府市

平成25年5月14日

不検出

不検出

不検出

きららビーチ焼野

山陽小野田市

平成25年5月15日

不検出

不検出

不検出

大浜

長門市

平成25年5月14日

不検出

不検出

不検出

菊ヶ浜

萩 市

平成25年5月15日

不検出

不検出

不検出

土井ヶ浜

下関市

平成25年5月 7日

不検出

不検出

不検出


  ※ 「水浴場の放射性物質に係る水質の目安」(環境省策定)は次のとおりです。

     放射線セシウム(セシウム134及びセシウム137の合計):10Bq/L

     放射性ヨウ素:設定なし(半減期が短いため)


砂浜の空間放射線量調査結果 (単位:マイクロシーベルト/時)

海水浴場名

所在市町

測定日

放射線量率

地表面

50cm

1.0m

潮風公園

岩国市

平成25年5月27日

0.061

0.060

0.054

片添ヶ浜

周防大島町

平成25年5月27日

0.074

0.069

0.066

虹ヶ浜

光 市

平成25年5月27日

0.073

0.066

0.068

富海

防府市

平成25年5月31日

0.063

0.061

0.061

きららビーチ焼野

山陽小野田市

平成25年5月31日

0.051

0.048

0.049

大浜

長門市

平成25年6月 4日

0.027

0.026

0.026

菊ヶ浜

萩 市

平成25年6月 4日

0.092

0.086

0.083

土井ヶ浜

下関市

平成25年6月 4日

0.024

0.025

0.025


    ※ 県内6箇所のモニタリングポストの通常の放射線レベル

      原子力規制委員会が実施している全国の空間放射線量の測定結果 (別ウィンドウ)


上水(蛇口水)の放射線測定について

 東日本大震災発生後、当時の所管である文部科学省の指示を受け、東京電力(株)福島第一原子力発電所事故の影響を迅速に把握するため、平成23年3月18日から12月27日まで山口市または宇部市で上水(蛇口水)の放射線量を毎日実施したところ、放射性物質は検出されませんでした。


 1日単位の上水(蛇口水)の測定については、平成23年12月22日に文部科学省から放射線モニタリングの見直し(参考:原子力規制委員会ホームページ) (別ウィンドウ) が示され、平成24年1月以降は測定精度を約100倍に高めたうえで3ヶ月に1回測定することになりました


 山口県を含む全国の上水(蛇口水)の測定結果を、原子力規制委員会が公開しています。 (別ウィンドウ)


上水(蛇口水)など「水道水に関する放射線情報」のお問い合わせ先はこちらです。

環境生活部 生活衛生課 水道班

〒753-8501 山口県山口市滝町1番1号

TEL:083-933-2978

FAX:083-933-3079

MAIL:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp


放射線測定結果について

 これまで「環境放射能水準調査」で調査した、測定データが環境放射線データベースで公開されています。


 山口県では、昭和45年(1970年)から放射線調査を開始しました。


 空間放射線量を始め、降下物、上水、土壌、農産食品、海水など、過去の山口県における放射線測定結果を、下記の外部サイト(文部科学省の委託により財団法人日本分析センターが作成)からご覧になることができます。


 日本の環境放射能と放射線(財団法人日本分析センター) (別ウィンドウ)

 環境放射線データベース(財団法人日本分析センター) (別ウィンドウ)




放射線に関する基礎的な情報について

 放射線に関する基礎的な知識については、以下の独立行政法人放射線医学総合研究所(外部サイト)のホームページに詳しく記載されていますので、ご覧ください。


独立行政法人放射線医学総合研究所のホームページ (別ウィンドウ)



「大気環境中の放射線情報」に関するお問い合わせ先はこちらです。

環境生活部 環境政策課 大気・化学物質環境班

〒753-8501 山口県山口市滝町1番1号

TEL:083-933-3034

FAX:083-933-3049

MAIL:a15500@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる