このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > しごと・産業 > ワーク・ライフ・バランス > ワーク・ライフ・バランス・WLB推進ガイドブック

平成29年 (2017年) 4月 3日

労働政策課

ワーク・ライフ・バランスガイドブック

 出生率の低下や高齢化社会の到来、核家族化が進む現代において、育児・介護における負担も大きくなり、働く人のニーズも変わってきました。

 また、企業側としても長時間労働が当たり前の時代は去り、社員のニーズをくみ、ムダを見直し、一人一人の生産性をあげる取組みを行うところが増えています。

 「ワーク・ライフ・バランス」とは、仕事と仕事以外の生活のバランスを整え、自分に、家族に、社会に、より「幸せな暮らし方」をしていくということ。

 この冊子では、働く人をサポートする「育児・介護休業法」の内容を中心に、「ワーク・ライ・フバランス」導入案を提案しています。

 当たり前に過ごしている今の生活を、ちょっと立ち止まって、あなたにとって会社にとってのHappyBalanceを見つけませんか?



ワーク・ライフ・バランスガイド表紙


◇ 内  容 ◇

                  1 ワーク・ライフ・バランスとは?

                  2 case.1 パパの育児休業

                  3 case.2 育児のための短時間勤務

                  4 case.3 子どものための看護休暇

                  5 case.4 介護をする人のための支援

                  6 case.5 企業の取り組み

                  7 ワーク・ライフ・バランスに関する法律ガイド

                  8 各種相談窓口



詳しくは、こちらをご覧ください。

ワーク・ライフ・バランスガイド (PDF : 6MB)

お問い合わせ先

労働政策課 働き方改革推進班



お問い合わせ先

労働政策課 働き方改革推進班

閉じる