このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 労働政策課 > 障害者雇用促進・障害者の法定雇用率が引き上げられました

平成25年 (2013年) 4月 1日

労働政策課

障害者の法定雇用率が引き上げられました!

「障害者雇用促進法」に基づき、民間企業や国、地方公共団体等は、障害者雇用率以上の割合で障害

者を雇用する義務があります(障害者雇用率制度)。

障害者雇用率は、法律で定められていることから「法定雇用率」とも言われています。

この法定雇用率が、平成25年4月1日から引き上げられました。

民間企業は1.8%から2.0%に引き上げられています。

また、引き上げに伴い、障害者を雇用しなければならない事業主の範囲が、民間企業では従業員

56人以上から50人以上に変わっていますので、ご注意ください。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。


【厚生労働省ホームページ (別ウィンドウ)




事業主の皆さんへ


障害者雇用に関する各種支援制度について

障害者を雇用した場合の助成制度や税制上の優遇措置などをご紹介します。

厚生労働省のホームページをご覧ください。

【厚生労働省ホームページ (別ウィンドウ)



お問い合わせ先

商工労働部

閉じる