このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 商政課 > 計量検定所・啓発

平成20年 (2008年) 1月 28日

商政課

計量思想の普及・啓発

1 商品量目監視員制度の活用

山口県独自の制度として県下12市(下関市を除く)に、商品量目監視員26名を委嘱し、日常生活で購入する商品を対象に、商品量目の監視にあたっていただいています。

また、その監視報告に基づいて立入検査を実施するなど、正しい計量の確保に対処しています。


2 各種行事の開催

計量関係事業所・計量関係団体等と連携を取りながら、計量記念日(11月1日)行事及び各種イベントに参加することにより計量思想の普及啓発に努めています。


3 自主的な計量管理

生産工場・事業所等を始めとして、特にスーパーマーケット(大型量販店)を対象に、自主的に適正な計量管理を実施する事業所に対して計量法の規制を最小限にとどめ、指定制度の推進に努めています。



お問い合わせ先

商工労働部

閉じる