このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 観光政策課・観光プロジェクト推進室・インバウンド推進室 > 寄港時の様子・cruise_report_Pacfic Venus_ube_171019

平成29年 (2017年) 11月 3日

観光政策課・観光プロジェクト推進室・インバウンド推進室

「ぱしふぃっく びいなす」が宇部港に7年ぶり寄港!

 


Japanese/English


2017年10月19日(木曜日)、ぱしふぃっく びいなすが宇部港に7年ぶりに寄港しました。


ぱしふぃっく びいなすの毎年恒例の秋の日本一周クルーズの最終寄港地として宇部港が選ばれたもので、2年に1度、ときわ公園で開催される「UBEビエンナーレ(現在日本彫刻展)」など、山口県内の観光を楽しんでいただきました。


埠頭では、地元園児が歌を披露しお客様を出迎えました。そのほか、久保田宇部市長をはじめとした地元関係者の歓迎訪船や埠頭において、宇部産の車海老の振る舞いや特産品販売を終日にわたり実施しました。また、サルビアのプランターをエプロンに配置し、「花と緑と彫刻のまち宇部」を港で表現しました。


出港時には、お客様と地元関係者お互いがペンライトを持って海援隊の「贈る言葉」を熱唱。港を離れているぱしふぃっくびいなすのお客様から「ありがとー!」の声が聞こえ、心温まる空間が宇部港を覆いました。


ぱしふぃくびいなす


画像ギャラリー


歓迎


地元園児などがお出迎え



物産販売


宇部市イメージキャラクター「チョーコクン」も

お出迎えに駆け付けました



歓迎(ときわ公園)


寄港にあわせ、ときわ公園でも

乗船客のお客様を職員が横断幕で歓迎


車海老の振る舞い


宇部産車海老の振る舞い

濃厚な味がお口に広がります


歓迎訪船


船内での歓迎式典


特産品販売


出港時の吹奏楽の演奏


出港時


最終寄港地の宇部港を出港し、神戸港に向かう「ぱしふぃっく びいなす」





ページトップへ

クルーズやまぐちトップページへ

お問い合わせ先

観光政策課



お問い合わせ先

観光政策課

閉じる