このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > しごと・産業 > 金融・経営支援 > 金融支援班・特定社債保証制度

平成27年 (2015年) 5月 8日

経営金融課

直接金融により、円滑な資金調達を図りたい、中小企業者の方へ

 県では、商工業分野において取り組むべき施策を体系的・総合的に整理した「やまぐち商工業推進計画」(計画期間:平成25年度~平成29年度)において、商工業の振興に向けて設定した第3の柱「産業を支える中小企業力の向上(底力を発揮する)」に基づく「アクション-12(金融支援の充実強化)」に向けた今後の取組方針として、「中小企業制度融資の充実による間接金融をベースとし、直接金融の活用も含めた資金調達の多様化を促進する」こととしております。


 具体的な支援策としては、山口県信用保証協会において、中小企業者の皆様への直接金融の途を開き、資金調達の多様化・円滑化を図ることができる「特定社債保証制度」を設けておりますので、その活用について検討される場合は、信用保証協会や取扱金融機関等へお問い合わせください。


 なお、制度などの詳細については、こちらのページ(山口県信用保証協会のホームページ) (別ウィンドウ) をご覧ください。

お問い合わせ先

経営金融課



お問い合わせ先

経営金融課

閉じる