このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 農林水産政策課 > 鳥獣被害防止対策・ニホンザル

平成28年 (2016年) 10月 28日

農林水産政策課

山口県内の主要な野生鳥獣(ニホンザル)

 ニホンザルは日本の固有種で、本州・四国・九州・淡路島・小豆島・屋久島などに分布しています。

 本州中部以西には比較的広く分布していますが、中部以東では分布地がまばらになっています。

ニホンザル

生態

 シイ・カシ・コナラなどの広葉樹林にすみ、数頭のオス成体を含む十数頭から数十頭の群れで遊動生活をする。遊動域は1km2未満から25km2に及ぶことがあります。ほかにハナレザルなどと呼ばれて単独で行動する個体(主としてオス)も見られます。雑食性で、果実・種子・葉・芽・昆虫その他の小動物を食べます。

 秋から冬にかけて交尾期があり、春から夏にかけて出産期を迎えます。メスは通常2年~3年に1度の割合で出産し、1頭の子を出産します。


被害と防除

 農林業被害としては野菜と果樹の被害が大きく、林産物の被害としてはシイタケの食害が報告されています。日の出から日没までの時間帯に活動し夜間は活動しないので、夜にサルが被害をおよぼすことはありません。

 被害防除方法としては、ネットタイプの電気柵・フェンスタイプの電気柵・ナイロン網柵等による侵入防止柵の設置のほか、人による猿の追い払いが有効です。


被害対策上のポイント

 猿が農作物に被害を及ぼすのは、農地を餌場として認識していることが原因です。農作物は自然のものに比べて栄養価が高く、集落周辺に集中分布していることから採食効率が高いので、猿が農作物を餌として認識すると被害が長く続くことになります。

 猿による被害をなくすためには、猿にとって農地が魅力ないものにする必要があります。農作物の徹底した被害防除に加えて、①放置された柿や栗などを猿の餌にしないよう収穫・処分する ②収穫せずに放置されている農作物を収穫・処分するなど、猿の餌となる農作物を集落内からなくすことが大切です。

 猿が恐れるものは人間で、根気よく集落に近づく猿を追い払うことが一番効果的です。

お問い合わせ先

農林水産政策課



お問い合わせ先

農林水産政策課

閉じる