このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 周南農林事務所 > index・農村整備部

平成28年 (2016年) 10月 11日

周南農林事務所

山口県周南農林事務所農村整備部


周南地域の農林業・農山村の活力創出に向け、「生産基盤の整備と資源の保全・有効活用」の取組を推進しています。




【生産基盤の整備】

(1)ほ場整備の推進

担い手への農地の利用集積を促進し、大規模化を生かした農業経営が展開できるようハードとソフトが一体となったほ場整備事業を推進しています。

 

 

(2)水田高機能化の推進

水田をフル活用し、麦、大豆、露地野菜の生産を拡大するため、暗渠排水等を整備し、水田の高機能化を推進しています。

ほ場整備実施後の農地の様子。


ほ場整備された農地


 


暗渠排水で汎用化された水田での大豆収穫の様子。


汎用化水田での大豆の収穫

 

 

 

 

 

 

 

 



【再生可能エネルギーの活用】

(1)小水力発電等の推進

農業用ダムや水路などの土地改良施設を利用した小水力発電等の整備を進め、再生可能エネルギーの取組を推進しています。

管水路を利用した小水力発電(ピコ発電)の様子。


水路を利用した小水力発電


 

 

フィルム型太陽光発電(面積10平方メートル)を農地の隅に設置した様子。


フィルム型太陽光発電

【多面的機能の維持・発揮】

(1)中山間地域等直接支払制度

農業生産条件が不利な状況にある中山間地域における農業生産活動の継続により多面的機能を確保し、集落の維持を図るため、体制整備の取組を支援しています。

 

 




(2)多面的機能支払制度

農業の持続的発展と多面的機能の健全な発揮を図るため、地域共同による農地・水路・農道等の保全管理や質的向上への取組、老朽化が進む水路等の農業用施設の長寿命化の取組を支援しています



関係者による水路の保全管理活動(泥上げ、周辺の草刈)の様子。


水路の保全管理活動

 

 

関係者による環境保全活動(道路傍の農地に花の苗を植える)の様子。


環境保全活動


 

 

 

 

 

 

 

 

【防災・減災機能の強化】

(1)ため池の整備

ため池の決壊による人命や財産への被害を未然に防止するため、毎年「危険ため池点検パトロール」を実施するとともに、計画的にため池の整備を実施しています。

取水施設や堤体が改修された、ため池の様子。


整備されたため池

 

 

ため池関係者と行政の技術職員による危険ため池を点検している様子。毎年1回は実施。


危険ため池点検パトロール






お問い合わせ先

周南農林事務所



お問い合わせ先

周南農林事務所

閉じる