このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 農林総合技術センター > 経営高度化研究室・top

平成29年 (2017年) 5月 31日

農林総合技術センター

経営高度化研究室

業務内容

〇農業の担い手の経営安定を支援する手法の開発

〇ほ場整備田やため池等農業用施設の維持管理技術の開発

〇鳥獣被害防止技術の開発

〇新たな農業技術の経営的評価

〇県産農林水産物の加工技術の開発

〇県産農林産物の品質評価および品質保持技術の開発








試験研究課題

☆集落営農法人における企業的経営の実践と継承を支える人材育成手法の解明 (平成28年から平成30年まで)

☆集落営農法人への体験交流事業導入の可能性と事業の継続要因の解明    (平成28年から平成30年まで)

☆地下水位制御システムにおける補助孔機能の確保による営農の安定化技術の確立(平成28年から平成30年まで)

☆小規模未改修ため池の管理省力化技術の確立               (平成28年から平成30年まで)

☆イノシシ・サル・シカ捕獲技術の向上                  (平成27年から)

☆特産物の品質と機能性の探索

   食味成分、機能性成分を多く含む高品質地鶏の開発  (平成24年から平成28年まで)

☆特産物の需要拡大のための保存性の改善

   白オクラのブランチング冷凍技術の確立       (平成27年から平成29年まで)

☆特産品の魅力を強化するための加工方法の改善

   酵素処理によるクリの剥皮技術の開発        (平成25年から平成27年まで)


 地下水位制御システムとサル大量捕獲檻

お問い合わせ先

農林総合技術センター経営高度化研究室



お問い合わせ先

農林総合技術センター経営高度化研究室

閉じる