このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 農林総合技術センター > 資源循環研究室(病害虫防除所)・top

平成29年 (2017年) 5月 31日

農林総合技術センター

資源循環研究室

 <土壌環境グループ>


業務内容


〇作物の生育・栄養診断に基づいた栽培管理技術の確立

〇作物の高品質・安定生産のための環境に配慮した施肥管理技術の確立

〇農耕地における適切な土壌管理対策

〇土壌有害物質のリスク管理技術の開発

〇農地土壌温室効果ガス算定基礎調査

〇有機質資源利用技術の開発


試験研究課題

☆より良い日本酒づくりのためのICTを活用した酒米の栽培支援システムの確立(平成27年から平成30年まで)

☆葉色の濃い新品種の特長を活かした積極的灌水栽培による葉ネギの高温期減収回避技術(平成27年から平成29年まで)

☆水稲におけるヒ素のリスクを低減する栽培管理技術の開発(平成25年から平成29年まで)

☆土壌有害物質のモニタリング調査(昭和54年から)

☆農地土壌炭素のモニタリング調査(平成25年から平成32年まで)

☆有機物連用試験(昭和51年~)


レーザー式生育センサーを搭載したドローンによるセンシング

 農地土壌炭素のモニタリング調査

  レーザー式生育センサーを搭載した    農地土壌炭素のモニタリング調査

  ドローンによるセンシング



 <病害虫管理グループ>


業務内容

〇県内産地で問題となる病害虫の生態解明と効果的防除対策の確立

〇環境に優しい防除技術(天敵や物理的防除など)の開発と実用化

〇新たに侵入・発生した病害虫に対応した防除対策の確立

〇新農薬の登録拡大と利用技術の開発


試験研究課題

☆大豆の多収阻害要因の対策技術の開発           (平成27年から平成31年まで)

☆イチゴの長期どりに対応した春期の害虫防除技術体系の確立 (平成26年から平成28年まで)

☆生物的土壌燻蒸を活用したホウレンソウ有機栽培技術の体系化(平成25年から平成29年まで)

☆水田転作露地ほ場における土壌還元消毒法の開発      (平成27年から平成29年まで)

☆はなっこりー根こぶ病に対する防除体系確立試験      (平成28年から)

☆超促成ワサビにおける病害虫の実態解明と防除対策の確立  (平成28年から平成30年まで)

☆県内の主要作物の新規病害虫薬剤の効果確認試験      (昭和44年から)


アカメガシワクダアザミウマ

 生物的土壌くん蒸

アカメガシワクダアザミウマ(天敵)   地域の未利用資源であるダイコン残渣を

によるイチゴのアザミウマ類の防除    すき込んだ生物的土壌くん蒸



 <発生予察グループ>


 ■業務内容

〇病害虫発生状況調査

  主な病害虫の発生生態と防除対策

  病害虫の発生と防除適期予測、トラップ調査結果


〇病害虫発生予察情報の作成及び提供(ホームページへの登録、メールサービスの送信)

  山口県病害虫防除所のホームページはこちら


〇予察情報の種類

予報

主要病害虫の発生予想を定期的に発表するもの

注意報

病害虫の多発が予想され、早めに防除対策が必要となる場合に発表

警報

病害虫の大発生が予想され、早急な防除対策が必要となる場合に発表

特殊報

新規病害虫の発生や、生態及び発生消長が特異な場合に発表

技術資料

注意報ほどではないが、平年より発生が多く注意が必要な場合に発表

その他

中旬の調査結果の速報を「発生現況」、月毎の発生状況を「月報」として提供




◯侵入警戒病害虫の調査

  侵入警戒病害虫情報

〇病害虫の診断、農薬に対する耐性菌・抵抗性害虫の検定

◯病害虫の防除対策、総合的病害虫管理(IPM)技術の推進

  平成29年山口県農作物病害虫・雑草防除指導基準


◯農薬による危被害防止対策の推進、安全な農作物生産のための農薬使用基準遵守指導

  農薬情報・危被害防止マニュアル

〇農薬の適正販売・管理指導および無登録農薬の取締


予察灯による害虫の調査

  水稲の調査

予察灯(光に集まる害虫の調査)        水稲の病害虫調査

お問い合わせ先

農林総合技術センター資源循環研究室



お問い合わせ先

農林総合技術センター資源循環研究室

閉じる