このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 農林総合技術センター > 土地利用作物研究室・top

平成29年 (2017年) 5月 31日

農林総合技術センター

土地利用作物研究室

 <作物栽培グループ>


業務内容

〇水稲・麦類・大豆に係る栽培技術の確立および育種開発

〇水稲・麦類・大豆の奨励品種決定調査による品種選定

〇水稲・麦類・大豆の原原種生産および原種の生産・配布


試験研究課題

☆より良い日本酒づくりのためのICT技術を活用した酒米の栽培支援システムの確立

 (平成27年から平成30年まで)

☆本県に適した飼料用米・飼料用イネ品種の省力・低コスト・多収栽培法の確立

 (平成27年から平成29年まで)

☆山田錦の優れた適正を有する酒米新品種と革新的栽培・醸造技術の活用による

 日本酒輸出倍増戦略に関すること (平成28年から平成30年まで)

☆高温耐性水稲品種系統の安定栽培体系の確立

 (平成28年から平成30年まで)

☆水稲のカドミウム吸収抑制遺伝子を有する品種の選定と育成

 (平成26年から平成30年まで)

☆需要に応じた麦類生産技術の確立

 (平成25年から平成27年まで)

☆デュラム小麦品種の栽培と純国産パスタ製品の開発

 (平成27年から平成29年まで)





奨励品種決定調査田植え


水稲奨励品種決定調査における田植え

お問い合わせ先

農林総合技術センター



お問い合わせ先

農林総合技術センター

閉じる