このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 農林総合技術センター > 土地利用作物研究室・top

平成30年 (2018年) 5月 18日

農林総合技術センター

土地利用作物研究室

 <作物栽培グループ・原種生産グループ>

業務内容

  • 水稲・麦類・大豆に係る栽培技術の確立および育種開発
  • 水稲・麦類・大豆の奨励品種決定調査による品種選定
  • 水稲・麦類・大豆の原原種生産および原種の生産・配布

試験研究課題

課題名

研究期間

県内水田農業の担い手に適応したスマート農業の導入

平成30年から平成32年まで

より良い日本酒づくりのためのICT技術を活用した酒米の栽培支援システムの確立

平成27年から平成30年まで

山田錦の優れた適正を有する酒米新品種と革新的栽培・醸造技術の活用による日本酒輸出倍増戦略に関すること

平成28年から平成30年まで

高温耐性水稲品種系統の安定栽培体系の確立

平成28年から平成30年まで

水稲のカドミウム吸収抑制遺伝子を有する品種の選定と育成

平成26年から平成30年まで

カドミウム低吸収性イネ品種シリーズの開発

平成26年から平成30年まで

売れる麦を核とする中山間水田輪作体系における収益力強化と省力化の実証

平成28年から平成31年まで

品質収量の高位安定生産が可能なビール醸造用大麦品種の開発

(縞萎縮病特性検定試験・地域適応性試験等)

平成26年から平成30年まで

ダイズ品質・収量の空間変動を是正し実需者ニーズに応える可変量管理の実証

平成29年から平成33年まで

新たな飼料用米として利用できる主食用品種の選定と省力・低コスト・多収栽培技術の確立

平成30年から平成32年まで


奨励品種決定調査田植え


水稲奨励品種決定調査における田植え

お問い合わせ先

農林総合技術センター



お問い合わせ先

農林総合技術センター

閉じる