このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 農村整備課 > お知らせ・農業水利施設を活用した小水力等発電マスタープラン

平成27年 (2015年) 5月 11日

農村整備課

農業水利施設を活用した小水力等発電マスタープラン

農業用水を活用した小水力発電は、農村地域の水資源を有効に利用し、農村地域を活性化する上で重要であることから、県では、平成24年6月に市町や土地改良区等で構成する「山口県農業用水小水力発電推進協議会」を設置し、小水力エネルギーの活用に向けた取り組みを進めています。

ついては、農業水利施設等への小水力発電等の導入に向け、農業用ダム10箇所、水路6箇所、ため池2箇所等を対象に、現地の流量や落差等から想定される発電量や概算事業費等を調査したので、その結果(マスタープラン)を公表します。

なお、内容は、現時点の見込みであり、今後の追加調査等により変更となることがあります(平成27年4月更新)。


マスタープラン(20150410更新) (PDF : 65KB)

お問い合わせ先

農村整備課計画調整班



お問い合わせ先

農村整備課計画調整班

閉じる