このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 農村整備課 > やまぐちの棚田20選・吉敷畑地区の棚田

平成29年 (2017年) 2月 13日

農村整備課

吉敷畑地区の棚田


吉敷畑地区の棚田


棚田の概要


・地域の所在 山口市吉敷

・農地面積 18 ha

・平均勾配 1/9

吉敷畑地区は、山口市吉敷から美祢市(旧美東町)へ至る国道沿いにあり、西鳳翩山の山麓傾斜地に沿って棚田が築かれている。


棚田の保全活動


吉敷畑営農生産組合や吉敷畑みどりを守る会が、棚田の畦畔や法面の定期的な点検を行い、修繕に努めている。

また、今年度より自治会と連携しながら、休耕地を活用して花壇に花を植えるなどの計画をしている。


地域の特徴


吉敷畑は、室町時代末期には集落が形成されていたと伝えられており、平成13年にほ場整備されるまでは、700枚以上の棚田を有していた。

集落の高低差は200m近くあり、急傾斜地に現在でもおよそ150枚ある棚田で営農活動が行われている。



山口県農林水産部農村整備課(計画調整班)

TEL083-933-3423

FAX083-933-3429

E-mail a17500@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

農林水産部

閉じる