このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 農村整備課 > やまぐちの棚田20選・三谷地区の棚田

平成29年 (2017年) 2月 13日

農村整備課

三谷地区いしがきの棚田


三谷地区いしがきの棚田


棚田の概要


・地域の所在 山口市徳地三谷

・農地面積 20 ha

・平均勾配 1/8


三谷地域は、山口市徳地八坂から周南市(鹿野)へ通る県道沿いにあり、石垣でできた棚田が、昔ながらの景観を残したまま、佐波川の支流である三谷川の両岸に築かれている。


棚田の保全活動


三谷地域では、奈良時代から残っているという石積みの千枚棚田があり、地元農家が代々受け継ぎ農地を管理してきた。


地域の過疎化・高齢化により農地の荒廃が進むにつれ、この石垣棚田を後世に残していこうという機運が高まり、平成14年に地域住民で「三谷いしがき棚田会」を発足した。


県内から募った棚田オーナーと1年を通して田植え、草取り、稲刈り、籾摺りなどを一緒に行う「棚田オーナー制度」を活用し、都市住民・地域住民間の交流を行っている。


今後においても石垣棚田の保存・継承と地域の活性化に取り組まれていくところである。


地域の特徴


棚田オーナー制度を活用した、オーナーの募集や交流(農作業やイベント等)のみならず、茶摘み、蛍祭り、歩こう大会、しめ縄づくり、そば打ち体験など、季節ごとにイベントを行い、都市住民との交流を積極的に行っている。


また自然環境や景観が素晴らしく、三谷川の蛍、新聞でも紹介された藤棚や清流米など近年情報紙等の影響もあり、徐々に知られるところとなってきている。


併せて徳地地区全域に共通したことであるが、棚田を含む数多くの史跡からは、重源上人の足跡をたどることができる。



山口県農林水産部農村整備課(計画調整班)

TEL083-933-3423

FAX083-933-3429

E-mail a17500@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

農林水産部

閉じる