このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 畜産振興課 > 家畜伝染病予防・改正された家畜の飼養衛生管理基準について

平成24年 (2012年) 1月 4日

畜産振興課

飼養衛生管理基準について

  

飼養衛生管理基準とは?

 飼養衛生管理基準は、家畜の伝染性疾病の発生を予防するため、家畜の飼養者が守らなければならない基準として平成16年12月に家畜伝染病予防法に定められました。

 平成22年の宮崎県における口蹄疫の発生や、全国的な高病原性鳥インフルエンザの発生状況を踏まえ、家畜伝染病の発生予防対策の実効性をさらに高めることを目的に、平成23年10月に飼養衛生管理基準が改正され、より具体的な内容が追加、拡充されました。

 日頃からこの基準を遵守し、大切な家畜を伝染病から守りましょう。


1 飼養衛生管理基準の概要

(1)対象家畜

 ・牛、豚、鶏、馬、めん羊、山羊、水牛、鹿、いのしし、その他家きん(あひる、うずら、だちょう等)

(2)家畜防疫に関する最新情報の把握

(3)衛生管理区域の設定

(4)衛生管理区域への病原体の持ち込み防止

 ・衛生管理区域への関係者以外の立入制限

 ・区域内へ立入時の人、車両の消毒

 ・区域専用の衣類、長靴の設置(豚、鶏)

 ・他の畜産施設等へ立入った者の立入制限

(5)野生動物等からの病原体の感染防止

(6)衛生管理区域の衛生状態の確保

 ・畜舎、器具等の定期的な清掃及び消毒

(7)家畜の健康観察と異状が確認された場合の対処

 ・早期通報

(8)埋却等の準備

(9)感染ルート等の早期特定のための記録の作成及び保管

 ・入場者等の記録の作成及び1年間以上の保管

(10)大規模農場に関する追加措置

 ・獣医師等による家畜の健康管理指導

 ・通報ルールの作成


※ 飼養衛生管理基準の関係資料

 ①飼養衛生管理基準本体

 ②畜種別の飼養衛生管理基準パンフレット

  ・牛、水牛、鹿、めん山羊

  ・豚、いのしし

  ・鶏、その他家きん

  ・



2 家畜伝染病予防法(法第12条の4)に基づく定期の報告義務

家畜の所有者は、毎年、家畜の頭羽数、家畜の衛生管理の状況を都道府県知事に報告することが義務付けられました。

平成24年以降は、当該年2月1日時点の家畜の飼養状況と衛生管理状況を、定められた報告様式に記入し、提出してください。

報告の方法は、住所地を管轄する最寄りの家畜保健衛生所にお問い合わせください。


・平成24年以降の定期報告→定期報告書様式 (Excel : 212KB)

定期報告書添付書類

定期報告書の提出に当っての注意事項


家畜保健衛生所連絡先

家畜保健衛生所

所在地

電話番号

管内市町

東部家畜保健衛生所


柳井市南町1丁目10-3


0820-22-2416


下松市、岩国市、光市、

柳井市、周南市、周防大島町、

和木町、上関町、田布施町、

平生町


中部家畜保健衛生所



山口市嘉川671-5



083-989-2517


宇部市、山口市、防府市、

美祢市、山陽小野田市

西部家畜保健衛生所

下関市豊田町殿敷1892


083-766-1018


下関市、長門市

北部家畜保健衛生所


萩市椿3621-1


0838-22-5677

萩市、阿武町




















3 特定の症状を示す家畜を発見した際の届出

口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザを疑うような、特定の症状を呈している家畜を発見した獣医師又は家畜の所有者は、速やかに最寄りの家畜保健衛生所へ届け出て下さい。


特定の症状の内容

飼養衛生管理基準に違反した場合

 定められた基準が守られておらず、伝染病の発生予防を十分に行えないと判断される場合、家畜保健衛生所が改善のための助言や指導を行います。

 こうした指導が守られない場合は、県は法に基づく改善勧告を行い、さらに、この勧告に従わない場合は改善命令を行い、命令に違反すると罰金が科せられる場合があります。

山口県策定の飼養衛生管理基準に関する事務実施要領

家畜伝染病予防法第12条の5及び6の飼養衛生管理基準に関する事務実施要領 (PDF : 85KB)



家畜伝染病予防法、飼養衛生管理基準について詳しくお知りになりたい方は、下記の農林水産省ホームページをご確認下さい。

家畜伝染病予防法の改正及び飼養衛生管理基準について




なお、ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせ下さい。

農林水産部畜産振興課 衛生・飼料班

電話番号 083-933-3434

FAX番号  083-933-3449





お問い合わせ先

農林水産部

閉じる