このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > しごと・産業 > 家畜伝染病予防 > HPAI・高病原性鳥インフルエンザについて

平成27年 (2015年) 3月 17日

畜産振興課

鶏肉や鶏卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することはありません。    詳細はこちらのホームページこちらを参考にしてください。


畜産関係者の皆様へ:適切な飼養衛生管理の徹底や異常鶏の早期発見をお願いします。        異常を発見した場合は速やかに最寄りの家畜保健衛生所にご連絡ください。


高病原性鳥インフルエンザに関する情報について


   高病原性鳥インフルエンザに係る移動制限区域(3km)の解除及び第3回山口県高病原性鳥インフルエンザ防疫対策本部会議の開催について

   1月23日午前0時をもって、移動制限区域(3km)が解除されました。それに伴い、「第3回山口県高病原性鳥インフルエンザ防疫対策本部会議」を開催し、本部長の知事が、12月30日に本県で発生した高病原性鳥インフルエンザについて、終息を宣言しました。会議での報告内容は以下の通りです。


・これまでの防疫措置状況について

 これまでの防疫措置状況 (PDF : 2MB)

・各本部会員からの報告について

 班別取組状況 (PDF : 175KB)

・相談窓口について

 高病原性鳥インフルエンザに係る相談窓口 (PDF : 189KB)



   高病原性鳥インフルエンザに係る発生農場の防疫措置の完了及び第2回山口県高病原性鳥インフルエンザ防疫対策本部会議の開催について

   高病原性鳥インフルエンザに係る発生農場の防疫措置が完了しました。それに伴い、「第2回山口県高病原性鳥インフルエンザ防疫対策本部会議」を開催しました。会議での報告内容は以下の通りです。


・これまでの防疫措置状況と今後の対応について

 防疫状況と今後の対応 (PDF : 1MB)

・各本部会員からの報告について

 班別取組状況 (PDF : 1MB)



   高病原性鳥インフルエンザ患畜の確認について

   本県で発生した高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜について、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所による遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であると確認されました。

   また、当該高病原性鳥インフルエンザウイルスは、H5N8亜型と判明されました。



   高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜と確認されました

   2014年(平成26年)12月30日、本県において発生した高病原性鳥インフルエンザの疑い事例が、疑似患畜と確認されました。それに伴い、「第1回山口県高病原性鳥インフルエンザ防疫対策本部会議」を開催しました。会議での報告内容は以下の通りです。


・本県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について

・今後の対応について

 防疫対策本部会議資料 (PDF : 578KB)

・消毒ポイントの設置

 消毒ポイント一覧 (Word : 14KB)



   山口県で高病原性鳥インフルエンザを疑う事例が発生しました

   2014年(平成26年)12月29日、本県において高病原性鳥インフルエンザの疑い事例が発生しました。それに伴い、「山口県高病原性鳥インフルエンザ対策連絡会議」を開催しました。


農場の場所:長門市日置中新市2983-75

飼養状況 :肉用種鶏

飼養羽数 :約33,000羽

経過

・12/29日当該農場の死亡鶏が増加、農場職員が簡易検査を実施したところ陽性を確認。

・同日、当該農場から西部家畜保健衛生所に死亡鶏が増加した旨の通報。

・家畜保健所職員が農場に立入り、飼養鶏を調査・採材し、中部家畜保健衛生所で

 鳥インフルエンザの簡易検査を実施したところ、陽性を確認。

・現在、同所で遺伝子検査(PCR検査)を実施中。


県では、緊急的な措置としてPCR検査が終了するまでの間、以下の対応を行います。

・当該農場の飼養鶏の隔離

・周辺農場に対する移動自粛の要請

・中部家畜保健衛生所でのPCR検査の結果及び死亡数の状況等から高病原性鳥インフルエンザの

 疑似患畜と判明の場合は、飼養家きんの殺処分、発生場所の消毒、周辺農場における法的な移動制限等、

 必要な防疫措置をとることとしています。



   佐賀県での高病原性鳥インフルエンザの発生について

   2015年(平成27年)1月18日に佐賀県で発生した高病原性鳥インフルエンザにおける移動制限区域は、2015年(平成27年)2月11日に解除されました。

   家きん農家を含む畜産関係者の皆様方におかれましては、引き続き、飼養衛生管理の徹底や早期発見に万全を期していただくようお願いします。

   本県へのウイルス侵入を阻止するためにも、農場周囲及び家きん舎出入口での消毒や、家きん舎内への野生動物の侵入防止対策(防鳥ネットや粘着シート、殺鼠剤の設置)を実施してください。


詳細は佐賀県のホームページこちら (別ウィンドウ) を参考にしてください。



   岡山県での高病原性鳥インフルエンザの発生について

   2015年(平成27年)1月15日に岡山県で発生した高病原性鳥インフルエンザにおける移動制限区域は、2015年(平成27年)2月14日に解除されました。

   家きん農家を含む畜産関係者の皆様方におかれましては、引き続き、飼養衛生管理の徹底や早期発見に万全を期していただくようお願いします。

   本県へのウイルス侵入を阻止するためにも、農場周囲及び家きん舎出入口での消毒や、家きん舎内への野生動物の侵入防止対策(防鳥ネットや粘着シート、殺鼠剤の設置)を実施してください。


詳細は岡山県のホームページこちら (別ウィンドウ) を参考にしてください。



   韓国での高病原性鳥インフルエンザの発生状況について

   2014年(平成26年)1月17日、韓国農林畜産食品部は、全羅北道高敞(コチャン)郡の種あひる農場において高病原性鳥インフルエンザ(H5N8)の発生を確認したと発表しました。

   家きん農家を含む畜産関係者の皆様方におかれましては、引き続き、飼養衛生管理の徹底や早期発見に万全を期していただくようお願いします。

   本県へのウイルス侵入を阻止するためにも、農場周囲及び家きん舎出入口での消毒や、家きん舎内への野生動物の侵入防止対策(防鳥ネットや粘着シート、殺鼠剤の設置)を実施してください。


詳細は農林水産省のホームページこちら (別ウィンドウ) を参考にしてください。





   宮崎県での高病原性鳥インフルエンザの発生(2例目)について

   2014年(平成26年)12月29日に宮崎県で発生した高病原性鳥インフルエンザにおける移動制限区域は、2015年(平成27年)1月20日に解除されました。


詳細は宮崎県のホームページこちら (別ウィンドウ) を参考にしてください。



   宮崎県での高病原性鳥インフルエンザの発生(1例目)について

   2014年(平成26年)12月16日に宮崎県で発生した高病原性鳥インフルエンザにおける移動制限区域は、2015年(平成27年)1月7日に解除されました。


詳細は宮崎県のホームページこちら (別ウィンドウ) を参考にしてください。



   熊本県での高病原性鳥インフルエンザの発生について

   2014年(平成26年)4月13日に熊本県で発生した高病原性鳥インフルエンザにおける移動制限区域は、2014年(平成26年)5月8日に解除されました。


詳細は熊本県のホームページこちら (別ウィンドウ) を参考にしてください。


   平成22年度の高病原性鳥インフルエンザの発生等

   平成22年度の情報はこちら


   鳥インフルエンザに関する問い合わせについて

   お問い合わせは、平日8時30分から17時15分まで受け付けています。


   鶏肉・卵の安全に関すること

   国内において、鶏肉や鶏卵を食べることにより鳥インフルエンザが人に感染することはありません。

   なお、鶏肉・卵の安全に関することは、県環境生活部生活衛生課、県農林水産部企画流通課又は最寄りの健康福祉センターにご相談下さい。

◆環境生活部生活衛生課(山口市滝町1-1) 083-933-3000

◆農林水産部企画流通課(山口市滝町1-1) 083-933-3395


   鶏の病気に関すること

   鶏の病気に関することは、県農林水産部畜産振興課又は最寄りの家畜保健衛生所にご相談ください。

   なお、異常を示す鶏を発見した場合は速やかに最寄りの家畜保健衛生所に連絡して下さい。

◆農林水産部畜産振興課(山口市滝町1-1)083-933-3434

◆東部家畜保健衛生所(柳井市南町1-10-3)0820-22-2416

◆中部家畜保健衛生所(山口市嘉川671-5)083-989-2517

◆西部家畜保健衛生所(下関市豊田町殿敷1892)083-766-1018

◆北部家畜保健衛生所(萩市椿3621-1)0838-22-5677


   野鳥に関すること

野鳥が死んでいるのを見つけたら(県自然保護課HP)


   鳥インフルエンザに関するQ&A

鳥インフルエンザ(国立感染症研究所センター)

高病原性鳥インフルエンザ(動物衛生研究所)


   パンフレット

鳥類を飼っている皆様へ (PDF : 5KB)

鶏小屋等の消毒 (PDF : 22KB)


   海外に旅行される方へ

水際検疫強化関係リーフレット(動物検疫所)

家畜の伝染性疾病の侵入を防止するために(動物検疫所)


   家畜の飼養衛生管理基準

飼養衛生管理基準について(山口県HP)


   関連リンク

鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)

鳥インフルエンザに関する情報(環境省)

鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)

高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所 感染症情報センター)

鳥インフルエンザ(高病原性鳥インフルエンザ)(日本養鶏協会)

野鳥の鳥インフルエンザ(高病原性鳥インフルエンザ)(県自然保護課)


お問い合せ先

〒753-8501

山口県山口市滝町1番1号(山口県庁10階)

畜産振興課 衛生・飼料班

直通TEL:083-933-3434

      FAX:083-933-3449

E-mail:a17600@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

農林水産部

閉じる