このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 畜産振興課 > 山口型放牧・山口型放牧

平成30年 (2018年) 6月 18日

畜産振興課

山口型放牧について


「山口型放牧」をご存じですか?


山口県では、転作田や耕作放棄地などに電気牧柵等を設置して牛を放牧する「山口型放牧」を積極的に推進しています。肉用牛経営の省力化や遊休地の解消による農地保全などのほか、耕作放棄地がきれいになることで、イノシシなどの獣害が減少することも確認されています。たくさんのメリットがある「山口型放牧」をやってみませんか?


放牧 1 放牧 2

パンフレット


「山口型放牧」の実施方法等については、以下のパンフレットをご覧ください。


山口型放牧パンフレット(平成30年6月版) (PDF : 2MB)


関連情報


「山口型放牧研究会」は、牛の放牧を通じて地域振興に貢献する有志の会で、放牧技術の向上、会員同士の情報交換やネットワークの構築に取り組んでいます。放牧牛バンク(レンタル放牧が可能な牛の情報)や牛の放牧に関するQ&Aなどが掲載されていますので参考にしてください。



〇山口型放牧研究会

お問い合わせ先

畜産振興課



お問い合わせ先

畜産振興課

閉じる