このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 森林企画課 > やまぐち森林づくり県民税・事業の説明・TOP

平成29年 (2017年) 12月 28日

森林企画課

森林の様子 竹林の様子 森林の様子 森林の様子

やまぐち森林づくり県民税事業について

公益森林整備事業地 竹繁茂防止緊急対策事業地

森林の画像

山口県では、手入れが行き届かず荒廃が深刻化する森林を、健全な姿で次の世代へ引き継ぐため、森林の整備を目的とした「やまぐち森林づくり県民税」を導入し、県民との協働による森林づくりを進めています。



●やまぐち森林づくり県民税の概要


○概要



●やまぐち森林づくり県民税関連事業


○森林活力再生事業

《森林機能回復事業》

森林機能回復事業

手入れが行き届かず荒廃し、森林機能の低下したスギ・ヒノキ人工林を対象に強度の間伐を実施し、森林機能の回復を図ります。

《繁茂竹林整備事業》

周辺の人工林の成長や生活面で支障となる繁茂・拡大した竹林を伐採し、豊かな自然林への回復を誘導します。



○地域が育む豊かな森林づくり推進事業

地域が育む豊かな森林づくり推進事業

中山間地域の元気を創出するため、野生鳥獣被害を軽減する明るく見通しの良い森林の整備や、森林公園の保全、海岸林の整備、観光地周辺の景観保全など、市町等が独自に取り組む多様な森林整備を支援します。




○地域森林づくり活動強化対策事業

《森林環境活動サポート事業》

森林環境ボランティアリーダー養成事業

県民の自主的な森林づくりを進めるため、市町やボランティア団体、自治会などが行う森林づくり活動に必要な資機材購入や森林環境教育、体験交流活動を支援します。

《森林環境ボランティアリーダー養成事業》

指導者の育成やボランティア団体の連携・協力を進めるため、研修会、情報交換会を行います。



○県民参加の森林づくり推進事業

県民参加の森林づくり推進事業

森林整備の必要性とこれを支える県民税の取組の重要性について、地域イベントでのパネル展示や県政放送番組、県広報紙、新聞などでの情報発信に努めます。また、毎年度「やまぐち森林づくりレポート」を発行し、取組の成果を報告します。



第3期対策(資料) (PDF : 356KB)


第3期対策(リーフレット) (PDF : 1MB)




やまぐち森林づくりレポート

●森林づくりレポート

「やまぐち森林づくり県民税」に関する年次報告として、毎年度、「やまぐち森林づくりレポート」を作成し、税の導入目的や県民税により実施している事業の内容、実績などを公表しています。


○平成28年度版(平成29年12月発行)

○平成27年度版(平成28年12月発行)

○平成26年度版(平成28年3月発行)

○平成25年度版(平成26年11月発行)

○平成24年度版(平成25年12月発行)

○平成23年度版(平成24年12月発行)

○平成22年度版(平成23年12月発行)

○平成21年度版(平成22年10月発行)

○平成20年度版(平成21年10月発行)

○平成19年度版(平成20年10月発行)

○平成18年度版(平成19年10月発行)

○平成17年度版(平成18年10月発行)



やまぐち森林づくり推進協議会

●やまぐち森林づくり推進協議会

やまぐち森林づくり県民税関連事業の実施に当たっては、県民の皆さまの御意見を反映するため、有識者や公募委員などにより構成される「やまぐち森林づくり推進協議会」を設置して、意見をお聞きしながら進めています。


(開催状況)

○平成29年度

○平成28年度

○平成27年度

○平成26年度

○平成25年度

○平成24年度

○平成23年度

○平成22年度



●県民税関連事業評価システム

森林づくり県民税関連事業の実施により、森林の持つ多面的な機能の回復状況や経済的な波及効果について検証を行うため、事業評価システムを構築しました。


○事業評価の報告書

事業評価システムに基づく検証結果を「やまぐち森林づくり県民税関連事業評価報告書」として取りまとめました。



●森林整備効果調査

平成17年度から26年度まで実施した『公益森林整備事業』(荒廃したスギ・ヒノキ人工林を強度に間伐し針葉樹・広葉樹が入り混じった混交林に誘導)と、『竹繁茂防止緊急対策事業』(繁茂した竹の伐採と再生竹の除去により自然林への回復を誘導)の事業地の一部に定点調査地を設定し、平成18年度から森林環境の変化を調査していますので、その内容を報告します。


○調査報告



お問い合わせ先

農林水産部

閉じる