このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 森林企画課 > ローカル山だより・萩育林会が椿東小学校で森林体験学習を実施

平成29年 (2017年) 6月 15日

森林企画課

萩育林会が椿東小学校で森林体験学習を実施しました。

 平成29年6月15日(木曜日)、萩育林会(会長:堀 忠行)が萩市立椿東小学校(校長:内田重美)で森林体験学習として、樹木観察と樹名板づくり・設置を指導しました。

 当会では、森林や林業について体験を通じて理解促進を図るため、毎年旧萩市内の1校程度で森林体験学習を実施しています。

 今年度は、椿東小学校の4年生65人(2クラス)を対象に、各クラスの理科の授業にあわせて2回に分け、学校内の裏山や運動場の木の勉強を行いました。萩育林会・森林・林業・樹木について説明した後、児童にあらかじめ準備したヒノキ板に樹名を書いてもらいました。そして、学校の「裏山」と運動場の一部を歩き、32種の木の特徴を学びながら樹名板を取り付けていきました。

 児童には、学校内の裏山を中心とした木々のほか、当会が準備したスギ・ヒノキ・クヌギの枝や丸太、様々な樹種の実物(サイコロ上の材)も教材にし、葉の違い、木の年輪、色やにおいの違いを実感してもらい、森林や樹木に興味を持ってもらえたものと思います。

 今後も、萩育林会ではこども達を対象に森林体験学習に取り組んでいく予定です。


堀会長の話 樹名板ができたよ!

              堀会長の話          樹名板ができたよ!

お問い合わせ先

萩農林事務所 森林部



お問い合わせ先

萩農林事務所 森林部

閉じる