このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 森林企画課 > ローカル山だより・柳北小学校児童が竹のおもちゃづくりと竹林整備を体験

平成29年 (2017年) 11月 20日

森林企画課

柳井ふれあい森の会が柳北小学校で森林体験学習を実施

 平成29年11月20日(月曜日)に柳井市立柳北小学校の体育館等で、柳北小学校の1~2年生20名及び4~6年生のスポーツクラブとアドベンチャークラブの部員19名が竹のおもちゃづくりと竹林整備を体験しました。

 これは、次代を担う子どもたちに、森林の大切さやふるさとの林業の重要性を体感し、理解を深めてもらうために、林業研究グループ「柳井ふれあい森の会」(会長:山重義則)が「森林体験学習」として行ったものです。


 はじめに、1~2年生は、山重会長から森林の話を聞いた後、会員の指導を受けながら、慣れない手つきで竹をノコギリで切り、紙やすりで磨いて、1年生が竹ポックリ、2年生が竹の水鉄砲を完成させました。

 完成後、1年生は体育館内を竹ポックリで歩き回り、2年生は水鉄砲の水を校庭に向けて飛ばしました。

 次に、4~6年生は、山重会長から森林の話を聞いた後、学校横の竹藪へ移動し、ノコギリで竹を切り倒し、枝を切って林内に整理しました。大きな竹を切り倒した時には歓声が上がり、林内が明るくなったことを確認していました。


 柳井ふれあい森の会では、今後も森林資源を活かして、地域に根ざした取組を行うこととしています。



竹ポックリ 竹林整備

              竹ポックリ             竹林整備

お問い合わせ先

柳井農林事務所 森林部



お問い合わせ先

柳井農林事務所 森林部

閉じる