このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 森林企画課 > ローカル山だより・長門市俵山で小学生がタケノコ掘り体験

平成30年 (2018年) 4月 26日

森林企画課

長門市俵山で小学生がタケノコ掘り体験をしました!

 山口県林業研究グループ連絡協議会が取り組んでいる「タケノコの地産・地消運動」の一環で、長門市の女性林業研究グループ「俵山どんぐり」が、俵山小学校の3・4年生と向陽小学校の3年生の計20人の児童を対象としたタケノコ掘り体験を平成30年4月26日(木曜日)に実施しました。

 このタケノコ掘り体験では、俵山地区で活動している「竹林ボランティア俵山」と下関市の梅光学院大学の学生20人にも協力・応援していただきました。


 最初に児童たちは、梅光学院大学の学生によるクイズで、孟宗竹や真竹、破竹、女竹などのそれぞれの特徴やタケノコの生え方などを楽しく学びました。


 クイズの次はタケノコ掘り体験です。

 児童たちは地面からほんの少しだけ頭を出したタケノコを見つけると、大学生のサポートを受けながら一生懸命に掘り取っていました。

 中には、4人で協力して交代でクワを入れ、悪戦苦闘の末、1m程に大きく伸びたタケノコを掘り取った児童たちもいました。


 俵山どんぐりは5月8日(火曜日)には俵山小学校でタケノコ料理教室を開催する予定としており、こうした活動が地域の竹林整備の推進やタケノコの消費拡大につながっていくことを期待しています。





タケノコの生え方クイズ 大きいタケノコを掘ったよ!

           タケノコの生え方クイズ     大きいタケノコを掘ったよ!

お問い合わせ先

下関農林事務所 森林部



お問い合わせ先

下関農林事務所 森林部

閉じる