このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 技術管理課 > 山口県入札情報ポータルサイト・電子入札サイトトップ

平成28年 (2016年) 6月 13日

技術管理課

山口県電子入札サイト




お知らせ(ピックアップ)


特に注意していただきたい項目を掲載しています。


H28.6.14  電子入札システムの推奨環境に次の環境を追加しました。
・Windows10(32bit版・64bit版)+Internet Explorer11
詳しくはこちらから。

H26.11.4<注意>「SSL3.0」の脆弱性について
インターネット通信の暗号化方式である「SSL3.0」の脆弱性が発表されました。
※脆弱性の詳細については次のサイトを参照ください。
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/Security/3009008
脆弱性の発表を受けて、電子入札システムにおいても脆弱性対策を実施します。
システム利用者において作業は不要ですが、お使いのInternetExplorerのセキュリティ設定(詳細設定)を変更されていると、「ページが表示できません」とエラーが表示される場合があります。
その場合は、以下によりInternetExplorerの設定変更を行ってください。
・InternetExplorerの[ツール]メニューの[インターネットオプション]をクリックします。
・[インターネットオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]タブをクリックします。
・[セキュリティ]カテゴリで、「TLS1.0を使用する」チェックボックスをオンにします。
・InternetExplorerを終了し、再起動します。

H26.9.19<注意>Javaのアップデートについて(Javaをアップデートしないでください。)
Javaは定期的に新しいバージョンがリリースされていますが、電子入札システムで使用するJavaは民間認証局及び県がバージョンを指定しています。
新しいバージョンのJavaがリリースされると、アップデートを促すメッセージが表示されますが、アップデートは行わないでください。アップデートしてしまうと、再度、Javaのセットアップが必要になります。
⇒メッセージが表示された場合の操作

H26.9.10<注意>「Java(TM)は、最新のものではなく更新が必要なためブロックされました」
電子入札システムを利用開始時に、InternetExplorerの通知バー上に次の警告が表示される場合があります。
警告2
この警告表示は、2014年8月13日にマイクロソフト社がリリースしたWindows更新プログラム「古いバージョンのActiveXの動作をブロックする機能」が、2014年9月10日より有効になったことが原因です。
ご使用のパソコンのInternetExplorerの設定に間違いがなければこの警告メッセージは表示されませんが、警告メッセージが表示された場合は、一旦、何もせず、InternetExplorerを終了してください。
次に再度InternetExplorerを立ち上げて、「電子入札サイト」を開き、「利用するための事前準備」のページにある「InternetExplorerの設定」を再度確認してください。
※「https://acs.e-bids.pref.yamaguchi.lg.jp」を信頼するサイトに追加していない場合が多いようです。

H23.12.13 JREの脆弱性について
JREについては、最新ではない物に関して、製造元からセキュリティホールが報告されている場合があります。これにつきましては、電子入札システムの利用には一切影響がないことが確認されていますが、当県や民間認証局からの指示等により最新のJREがご利用出来ない場合は、電子入札システム利用時以外のJREを無効化することをお勧めいたします。詳しくは「JREを無効化する方法」をご覧ください。
※ただし、電子入札システム利用の際には必ず「有効化」させてください。


お問い合せ先


山口県電子入札ヘルプデスク
TEL: 083-933-3698(専用電話)
FAX: 083-933-3669
e-mail: e-bidshelpdesk@pref.yamaguchi.lg.jp
【受付時間帯】
8時30分から17時15分まで 《12時から13時を除く》
(土、日、祝日及び12月29日~1月3日を除く)





お問い合わせ先

土木建築部

閉じる