このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 監理課 > 建設産業の人材確保・育成・建設産業担い手確保・育成協議会

平成30年 (2018年) 2月 16日

監理課


目的


 建設産業は、社会インフラの整備や維持管理の「担い手」であると同時に、災害時は最前線で地域の安全・安心の確保を担う「守り手」として重要な役割を果たしています。

 一方、建設投資や生産年齢人口の減少等に伴い、建設業就業者数の減少が続く厳しい状況にあり、建設産業が今後も役割を果たしていく上で、若者や女性をはじめとする「担い手の確保・育成」は喫緊の課題です。

 このため、県内の建設業団体、教育機関、関係行政機関等が、担い手の現状や課題に関する認識を共有し、連携を強化する等、「担い手確保・育成」の取組を効果的に推進するため、「山口県地域を支える建設産業担い手確保・育成協議会」を設置しています。



会員


◎会長 〇副会長


平成30年度事業計画


 平成30年4月開催予定の通常総会終了後に掲載します。


開催状況


●第1回 平成26年4月30日



・協議会の設立について

・会長の選出について

・協議会の運営について

●第2回 平成26年10月29日



・新会員の参加について

・今年度の取組について

・今後の取組について

●第3回 平成27年3月26日



・就職動向について

・今年度の取組実績及び来年度の取組予定について

・協議会の活動方針について

●第4回 平成27年11月9日





・規約の改正について

・本県建設産業の現状について

・今年度の取組について

・教育訓練体系の構築部会の設置について

・今後の取組について

●第5回 平成28年3月25日




・本県建設産業の現状について

・今年度の取組実績、来年度の取組予定について

・教育訓練体系の構築部会の活動報告について

・協議会の活動方針について

●第6回 平成29年3月30日





・規約の改正について

・本県建設産業の現状について

・今年度の取組実績、来年度の取組予定について

・教育訓練体系の構築部会の活動について

・平成29年度活動方針(案)について


規約


山口県地域を支える建設産業担い手確保・育成協議会 規約 (PDF : 740KB)


上に戻る



山口県建設業協会

お問い合わせ先

監理課



お問い合わせ先

監理課

閉じる